クローバーと魔法動物〈2〉魔法より大切なもの

個数:

クローバーと魔法動物〈2〉魔法より大切なもの

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 10時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784494017461
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

出版社内容情報

魔法動物紹介所ではらくことになった人間の女の子、クローバー。オーナーのジャムズさんから信頼されて紹介所の留守をまかされました。巨人の夫婦、お菓子屋の幽霊、レプラコーンの親子……つぎつぎと魔法動物を引き取りたいお客がやってきます。そして、楽しみにしていた魔法動物の卵もかえりました! ところが、うまれたばかりの赤ちゃんがどこかへいってしまったのです。嵐の中赤ちゃんをさがしにでるクローバーですが……。
「ハートウッドホテル」シリーズで人気、ケイリー・ジョージさんの新シリーズです。第2巻のみどころは、魔法が使えない人間であるクローバーの葛藤。魔法が使えればもっとうまくやれるのに……と悩むクローバー。クローバーのように、〇〇があればもっとうまくいくのに、と誰しも思ったことがあるはず。読者はクローバーの悩みに共感するとともに、どんな時もめげないクローバーの姿に勇気づけられることでしょう。 

内容説明

魔法動物紹介所ではたらくことになった、クローバー。留守をまかされた紹介所で、生まれたばかりの魔法動物の赤ちゃんが、行方不明になってしまいました!魔法がつかえたら、こんなことにならなかったのでは…とクローバーはなやみます。さらに、不吉な嵐がたいへんなトラブルをはこんできました!!

著者等紹介

ジョージ,ケイリー[ジョージ,ケイリー] [George,Kallie]
カナダの児童文学作家。ブリティッシュ・コロンビア大学で児童文学の修士号を取得。絵本や読み物を数多く手がけている。シリーズ「クローバーと魔法動物」はカナダで高い評価を受けており、第1巻はOLA Best Bets Award Winner,2016を受賞している。また、ドイツ、ルーマニア、イスラエル、中国で翻訳出版されている

久保陽子[クボヨウコ]
鹿児島県生まれ。東京大学文学部英文科卒業。出版社で児童書編集者として勤務ののち、翻訳者になる

スカイエマ[スカイエマ]
東京都生まれ。児童書・一般書の装画や挿絵など幅広く手がけている。第46回講談社出版文化賞さしえ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Midori Matsuoka

3
一作目でジャムズさんが持ち帰った魔法動物の卵が今回のお話の中心に。ついに卵が孵りますよ。ただし、生まれてきた魔法動物は…! 今回も?ジャムズさん不在の時に色々起こってしまうのでクローバーは奮闘するのですが、仕事のできる子だなあ、と感心してしまう。 魔法が使えないことを気にするのですが、獣医のナーチさんの言葉で自信をつけ更に活躍しそうな成長ぶりに期待してしまう。 読んでいる間も読んだ後も気持ちが良いお話。2021/10/02

ふう

1
1巻が面白くてすぐに2巻も読みました。 今回は魔法動物の卵から何がかえるかがお話の大きなポイント。 ついに卵が割れて何かがかえったみたいだけど、どこにも姿が見えない?! 困惑しながらもお客さんの対応もしなければいけないクローバー。 クローバー頑張れ!と思わず応援したくなるような一生懸命な女の子が主人公でワクワクハラハラする展開です。 最後には新たな登場人物もでてきて、3巻への期待も高まります。2021/10/23

mayuri(Toli)

1
クローバーがとても良い子で、読みながら応援したくなる。他のキャラクターも素敵な人たちばかりで楽しい読書時間だった。訳も丁寧であたたかくお気に入り。次も楽しみです。スカイエマさんの挿絵がオシャレ。2021/03/31

isutabi

0
★大切なのは魔法じゃなくて、感じる心なのよ(p.173) (一)またしてもジャムズさんは留守。その間に卵は孵るが赤ん坊が見つからなかったりヨコシマが魔法猫の子どもを四ひき置いていったりてんやわんやの混乱状態。 (二)孵った赤ん坊をどうやらレプラコーンのルルが連れていってしまったらしい。取り戻すため嵐の中に飛び出すクローバー。 (三)クローバーは「めんどくさいなあ」とか「まあ、あとでいいか」とは考えない。すごいものです。子どもやからか?2023/02/23

tomo

0
魔法動物たちの世話にもなれ、仲間たちも増えて充実した夏休みになってる。楽しく読み終えた。 「大切なのは魔法じゃなくて、感じる心」2022/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16755882
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。