童心社のおはなしえほん<br> たんぽぽになりたくて

個数:

童心社のおはなしえほん
たんぽぽになりたくて

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2024年05月30日 11時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 28p/高さ 21X23cm
  • 商品コード 9784494016440
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

たんぽぽのわたげは わらいながらとんでいく… また たんぽぽに なれるから

たんぽぽになれば、友達に、うさぎに、ちょうちょに、また会うことができます。風に身をまかせて飛んでいく綿毛は、自分で行き先を決めることができません。それでもなお、綿毛が笑いながら飛んでいくのは、新たな出会いへの希望に胸を膨らませ、再び野原いっぱいに花を咲かせたいと願っているから。画面からあふれんばかりに描かれたたんぽぽからは、巡る命の輝きと生きるよろこびが伝わってきます。旅立ちの季節、出会いの春に読みたい絵本です。

内容説明

わたげはわらいながらとんでいく。また、ともだちにあいたくて。ひとつおおきくなったこどもたちへ。

著者等紹介

内田麟太郎[ウチダリンタロウ]
1941年福岡県大牟田市生まれ。詩人、絵詞作家。『さかさまライオン』(長新太・絵、童心社)で第9回絵本にっぽん賞、『うそつきのつき』(荒井良二・絵、文渓堂)で第46回小学館児童出版文化賞、『がたごとがたごと』(西村繁男・絵、童心社)で第5回日本絵本賞を受賞

南塚直子[ミナミズカナオコ]
1949年和歌山県生まれ。ハンガリー国立美術大学で銅版画を学ぶ。2013年京都嵯峨美術大学陶芸科に入学、陶板画を学ぶ。銅版画の絵本に『キリンさん』(第4回日本絵本賞/まど・みちお・詩、小峰書店)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶぶ ひこ

30
タンポポのわたげは、わらいなが飛んでくんだ。また、タンポポになれるから。また、子どもたちの笑顔にあえるから。……今日も幸せいっぱいの黄色いタンポポのわたげは、やさしく風にゆられて飛んでゆく。2024/04/26

anne@灯れ松明の火

21
画家の南塚直子さんSNSご紹介。新着棚で。たんぽぽの綿毛は、自分で行き先を決めることはできない。なのに、綿毛は喜んで飛んでいく。それはなぜだと思う? たんぽぽの喜び、幸せが、絵本いっぱいに、短い言葉とかわいらしい絵で表現される。これを読んだら、下を向いていた人も顔を上げるだろう。泣いていた人も微笑むだろう。私も、たんぽぽに、たんぽぽの心持ちになりたい! 2024/03/26

雨巫女。@新潮部

12
《本屋》春らしい絵本。綿毛が、飛んでいる姿は、可愛いなあ。2024/02/26

遠い日

6
同じコンビの『はなになりました』とともに。南塚直子さんの絵がとにかく春らしい明るさですばらしい。たんぽぽは意思を持ってたんぽぽになることを選んでいるのが楽しい発想。たんぽぽはみんなに会うことを待っている。だからかな?わたしもたんぽぽを見つけると「あっ!たんぽぽ!」と必ず思うもの。2024/04/05

mntmt

4
愛らしい絵に癒されます。2024/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21788122
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。