童心社のおはなしえほん<br> こくん

個数:

童心社のおはなしえほん
こくん

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 09時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 34p/高さ 21X23cm
  • 商品コード 9784494016310
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

退院して大好きなつばさ園にくると、しゅんくんがかけてきた。歩行器をみて「てつだってやる」というしゅんくんに、わたしは「いらない」と強い声で言った。わたしは体を思うように動かすのが難しい。でも、歩行器があればみんなと歩ける。ある日、挑戦するしゅんくんの姿を見て、わたしもすべり台にのぼりたいと思った。わたしは、こくんって、うなずく。だいじょうぶ。きっとできる……。新しい一歩をふみだしたふたりの物語。

内容説明

わたしは、こくんって、おおきくうなずく―だいじょうぶ、きっとできる。あたらしいいっぽをふみだしたふたりのものがたり。

著者等紹介

村中李衣[ムラナカリエ]
1958年山口県生まれ。児童文学者、ノートルダム清心女子大学教授。小児病棟、老人保健施設などさまざまな場で絵本の読みあいを続け、その活動は海外にまでおよぶ。児童文学作品に、『おねいちゃん』(理論社、野間児童文芸賞)『チャーシューの月』(小峰書店、日本児童文学者協会賞)など多数ある

石川えりこ[イシカワエリコ]
1955年福岡県嘉麻市生まれ。九州造形短大デザイン科卒業後、デザイナーを経てイラストレーターとなる。絵本『ボタ山であそんだころ』(福音館書店)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。