童心社のおはなしえほん<br> こくん

個数:

童心社のおはなしえほん
こくん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 14時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 34p/高さ 21X23cm
  • 商品コード 9784494016310
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

退院して大好きなつばさ園にくると、しゅんくんがかけてきた。歩行器をみて「てつだってやる」というしゅんくんに、わたしは「いらない」と強い声で言った。わたしは体を思うように動かすのが難しい。でも、歩行器があればみんなと歩ける。ある日、挑戦するしゅんくんの姿を見て、わたしもすべり台にのぼりたいと思った。わたしは、こくんって、うなずく。だいじょうぶ。きっとできる……。新しい一歩をふみだしたふたりの物語。

内容説明

わたしは、こくんって、おおきくうなずく―だいじょうぶ、きっとできる。あたらしいいっぽをふみだしたふたりのものがたり。

著者等紹介

村中李衣[ムラナカリエ]
1958年山口県生まれ。児童文学者、ノートルダム清心女子大学教授。小児病棟、老人保健施設などさまざまな場で絵本の読みあいを続け、その活動は海外にまでおよぶ。児童文学作品に、『おねいちゃん』(理論社、野間児童文芸賞)『チャーシューの月』(小峰書店、日本児童文学者協会賞)など多数ある

石川えりこ[イシカワエリコ]
1955年福岡県嘉麻市生まれ。九州造形短大デザイン科卒業後、デザイナーを経てイラストレーターとなる。絵本『ボタ山であそんだころ』(福音館書店)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シナモン

98
図書館本。病院を退院してつばさえんに戻ったちさと。足が不自由になり歩行器で生活する。なんでも手伝いたいこどもたちとできることは自分でしたいちさと。これはやれる、大丈夫!と思った時のサインが「こくん」と頷くこと。見守るという姿勢の大切さをしゅんくんに教わった気がします。深い一冊でした。2019/10/04

gtn

27
毎日何度も「こくん」と決意するちさとちゃん。頷くたびに、どんなことにも負けない人間になっていく。そんな頑張りを全て理解してくれるしゅん君。ちさとちゃんには、幸運にも自分を知る友がいる。2020/01/27

はるごん

24
2歳7ヶ月。「こくん」と頷いたら大丈夫のサイン。見守る事は難しいと知った。見守るしゅんくんに私も見守る事の大切さを教わった気がした。すぐに手を出して手伝ったり、私がやってしまったり、止めてしまうから。2019/12/04

おはなし会 芽ぶっく 

21
石川えりこさんの『ボタ山であそんだころ』の原画展とおはなし会で、ご本人が読んでくださいました。村中李衣さんとは仲良しで、編集者さんと三位一体で創りあげた実感のある絵本だそうです。1度絵を仕上げたのに、納得が出来ずすべてやり直したそうで、おはなしを聞いてからの読み聞かせはその強い思いが伝わってきました。2019/10/06

ふじ

17
読メレビューで見て。ハンディを助けるだけが優しさじゃない。案外子どもの方が、先入観なく相手が言ったことを受け入れて、尊重できるのかもしれない。というのが私の感想だけれど、そんな人ばかりじゃないからね〜なんて意見もあって、繊細なテーマだからこそ、考えさせられる絵本でした。私は好きです。2020/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13974366

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。