おばけ×行事えほん<br> せつぶんのおに

個数:

おばけ×行事えほん
せつぶんのおに

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 06時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 32p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784494014620
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

きりょうよしではたらきもののふく。そんなふくがむこをとることになった。山おくのおにが、これをききつけて…。

著者等紹介

常光徹[ツネミツトオル]
1948年高知県生まれ。国立歴史民俗博物館名誉教授

伊藤秀男[イトウヒデオ]
1950年愛知県生まれ。絵本に『海の夏』(ほるぷ出版)(小学館絵画賞)、『うしお』(ビリケン出版)(JBBY賞)、『けんかのきもち』(文・柴田愛子)(日本絵本賞大賞)、『タケノコごはん』(文・大島渚/ともにポプラ社)(日本絵本賞)、紙芝居に『なぜ、おふろにしょうぶをいれるの?』(脚本・常光徹)(五山賞画家賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chiaki

29
婿をとることになった働き者のふく。ふくの婿には「うらやまの大石を庭まで持ってきた者」にすることを知った山奥の鬼。鬼は若い男に化けて大石を運び、ふくを連れ去る。そこへ隣家の兄さんが酒樽を背負って助けに!千里棒に乗って逃げる2人を、鬼が万里棒に乗って追ってくるところが新鮮だった。ととさまとかかさまに、「鬼は外、福(『ふく』とかけて)は内」豆まきをされ逃げていく鬼はちょっとかわいそう。ここでは、鬼は妖怪として解説されており、既に古代日本書紀や風土記にも登場しているそう。豆まきも室町時代からの風習だとか。2020/01/21

遠い日

12
節分の豆まきと鬼の関係を語る民話。違うバージョンの同じ話もあるので、つくづく再話と構成で印象が異なると感じます。2018/02/11

おはなし会 芽ぶっく 

8
『紙芝居 なぜ、せつぶんに豆をまくの?』 https://bookmeter.com/books/694432 と同じような話でした。おふくが婿をとることになった経緯、助けに来てくれたあにさんと結ばれたことなど書かれています。2021/04/17

あおい

8
自慢の娘ふくの婿は裏山の大石を庭まで運んだ者。村の若者達が皆失敗したのをみた鬼が人に化けてやってきた…鬼は外福は内の由来を説くお話。福と娘の名前ふくがかかってる。2020/01/12

つき

8
おお、なるほど。福は内で「ふくは内」ね! ナルホドナルホド。解説読んで気がついた(笑)2018/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12576450

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。