うまれてきてくれてありがとう

個数:

うまれてきてくれてありがとう

  • ウェブストアに124冊在庫がございます。(2024年05月20日 15時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 28cm
  • 商品コード 9784494007516
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

「ぼくは、ママをさがしているの。かみさまが、『うまれていいよ』っていってくれたから・・」クマくんやぶたくん、ほかの動物たちはみんなママと一緒です。ぼくのママは、どこにいるの?「あなたは、世界でたった一人のかけがえのない存在。うまれてきてくれて、ありがとう。」絵本を通じて、親から子へメッセージを伝えることで、子どもの自己肯定感を育み、かけがえのない命の誕生を親子で喜びあう絵本。
2歳~

著者等紹介

にしもとよう[ニシモトヨウ]
1969年鹿児島県生まれ。『うまれてきてくれてありがとう』で絵本デビュー

黒井健[クロイケン]
1947年新潟県生まれ。新潟大学教育学部中等美術科卒業。編集者を経て、絵本画家になる。主な作品に『またたびトラベル』(赤い鳥さし絵賞、学研)ほか多数。清里に黒井健絵本ハウスがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

175
僕の18歳年上の姉の出産は凄い難産だった。数秒前に産まれた子を胸に抱いた時の第一声は「生まれてきてくれてありがとう。一緒によく頑張ったね」だったという。まさにこの絵本のタイトルそのもの。神様に「うまれていいよ」といわれた「ぼく」がママをさがす旅をしてめぐり会う優しさ、あたたかさ。この絵本はぜひお子さんが赤ちゃんの頃から小学校低学年頃まで、何度でも繰り返し親子で読んだらいいと思う。もちろん読むだけじゃなく、出産したときの様子なんかも話してあげて欲しい。そうすることでお子さんの自己肯定感が育っていくはずだ。2014/04/20

zero1

117
生まれることは奇跡!羽の生えた子が母親を探す。クマやゴリラ、フクロウも。地球があることも奇跡。黒井健氏のほのぼのとした絵でその奇跡を表現。なのに何故この世は殺人が起きる?何故、親が自分の子を殺す?読みながらそんなことを考えた。殺人は奇跡を奪うこと。【誕生が望まれなかった子】(後述)は生まれながらにして不幸でしかない。すべては【生まれることの奇跡】を忘れることで不幸は始まる。人はすぐ忘れるようにできている。しかし忘れてはならないことがある。絵本は【子どもだまし】ではない。大人が根源的なことを学ぶ場でもある。2020/05/05

nakanaka

89
奥さんセレクトの絵本。タイトルだけでジーンときてしまいます。最近は上の二人を怒ってばかりいる気がするので、自分たち夫婦のもとに生まれてきてくれてありがとうと言える良いきっかけになりました。一緒にいることが当たり前の存在になってきていますが子供への感謝も忘れてはいけませんね。良い絵本でした。2016/10/04

おくちゃん🌸柳緑花紅

89
神様が生まれていいよって言ったから、ママを探しに♪ママに抱きしめてもらいたいから、ママにいっぱいキスしてもらいたいから、そして「うまれてきてくれてありがとう」っていってもらいたいから。大きな声で言います♪世界中の赤ちゃんに言います♪「うまれてきてくれてありがとう」2015/04/20

Hideto-S@仮想書店 月舟書房

86
生まれる前の赤ちゃんは、小さな羽をつけた姿をしています。神さまに「生まれていいよ」と言われた男の子は、自分のママを探しに地上に舞い降ります。「ぼくのママ知らない?」といろんな動物に尋ねます。くま、ゴリラ、ぶた……いろんな動物のママに会います。どのママも子どもたちに語りかけます。「うまれてきてくれてありがとう」。やがて、男の子は優しい光に抱き寄せられて……。2011年4月初版。作者のにしもとようさんは、難産だった息子さんの誕生を元に描いたこの本が絵本デビュー作。絵は黒井健氏。プレゼントに選びたくなる本です。2015/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3143116
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。