絵本・だいすきおはなし
ぼくはほんとはかいじゅうなんだ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 38p/高さ 23X24cm
  • 商品コード 9784494007479
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

夏休みの絵日記のことで、おかあさんとやりあって、キレた。ぼくは、かいじゅうになった。ガオーっと、火をふいた。ひとりぼっちになったんだ…。

著者等紹介

後藤竜二[ゴトウリュウジ]
1943年北海道生まれ。早稲田大学文学部卒業。『白赤だすき小○の旋風』で日本児童文学者協会賞、『野心あらためず』で野間児童文芸賞(いずれも講談社)。「季節風」同人。日本児童文学者協会会員

鈴木びんこ[スズキビンコ]
1955年埼玉生まれ。グラフィックデザインを学び、プロダクションのデザイナーを経て’85年よりフリー。日本児童出版美術家連盟会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

グレ

22
土曜日は利用者が俄然多い福津municipal library2016/09/18

遠い日

12
夏休みも後一日。そんな時に本気でおかあさんとぶつかって、やりあってしまったぼく。この夏休み中「つまらなかった」わけを、おかあさんはわかっていない。その悔しさと寂しさに負けそうになったとき、救われたのはやっぱり、友だち。友情の復活。夏休みは終わるけれど、ぼくの新しい時間が始まる。2015/07/22

Lesen

7
明日で夏休みも終わり。宿題は全部やった。お母さんも褒めてくれたけれど、絵日記を見たお母さんは笑顔から般若顔に。お母さんと喧嘩になった。夏休みがつまらなかった理由があるんだ。だけど分かってくれない。お母さんとのやり取りは一緒だなぁと苦笑。寂しさを吹き飛ばしてくれるのはやっぱり友達。子供の気持ちに寄り添った絵本で良いお話です。2016/10/06

yassy

1
絵本にしては長いけど、いいお話。小学生になったら読ませたいかな2012/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/388132

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。