会社四季報業界地図 〈2022年版〉

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

会社四季報業界地図 〈2022年版〉

  • 東洋経済新報社
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 東洋経済新報社(2021/09発売)
  • 「会社四季報」業界地図 ポイント5倍キャンペーン対象商品(~11/15),秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 78pt
  • ウェブストアに1895冊在庫がございます。(2021年09月22日 22時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 279p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784492973301
  • NDC分類 335.21
  • Cコード C0034

出版社内容情報

コロナ後に伸びる業界・企業はどこか--。
業界地図で、必ず見つかる!

ついに累計200万部突破!
11年連続売上No.1、いちばん売れている「業界地図」最新版。
(全国大手書店各社調べ )

◯株式投資  → 銘柄発掘、銘柄分析に
◯就活・転職 → 業界研究に
◯ビジネス  → 顧客分析、新規開拓、研修に

『会社四季報』記者が174業界、4000社を全力解説。業界の重要企業、提携関係、勢力図、シェア、市場規模、トレンドを見開きの「地図」の形で表示。業界の最新事情がひと目で分かる

■新規注目業界
「脱炭素」「GAFA」「DX」「中央省庁」「半導体」「全固体電池」「次世代自動車」「キャッシュレス」「副業・学び直し」「CRO」「臨床検査・薬」「ペット」「YouTuber」「アウトソーシング(BPO)」「ソフトウェア」「産業機械」「リフォーム・リノベーション」など、大注目の業界・テーマが新登場!

■充実の巻頭企画
・「2030年の天気図」 -業界の未来を大予測-
・「47都道府県のトップ企業」 -北海道から沖縄、知られざる有力企業-
・「業界市場規模ランキング」
・「最新 業界別年収ランキング」

■4大付録
1.2021年秋公開「業界地図デジタル」特別ご優待
2.本書の電子版をWeb上で見られる
3.「シキホー!Mine」「会社四季報オンライン」「週刊東洋経済プラス」体験版(1カ月)
4.業界再編の系譜 ~銀行、鉄鋼などの激動の歴史がわかる~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

molysk

46
年に一度、幅広い業界を俯瞰できる定番の一冊。昨年に続き、今年もコロナ禍の影響が色濃かった一年だった。来年こそは景況感の改善を予想する声が大きい。とはいっても先が見通しづらい状況であり、予想というよりも願望に近い、というのが実情か。対面サービス業や旅行関連業界の疲弊は色濃い。また、テレワークの普及でアパレルやオフィス関連も軟調。見通しが明るいのは情報や先端技術だが、日本はもとよりITへの取り組み遅れが目立っていたうえに、近年の国としての研究力低下が指摘されており、国際競争力のさらなる低下が懸念される。2021/09/17

たらお

12
注目で1番目に挙げられたのが、脱炭素。様々な本を読むと、ソーラーパネルでの発電単価がだいぶ良くなってきているから、政府が旗を振れば脱炭素の方向へ向かいそうにも思うが、利権が絡み難しそう。そんな中、Amazonが三菱商事と連携して自社発電を太陽光でと契約を結ぶニュース。民間主導は良いこと。三菱商事は今年度大きく利益を落としたが、先行きは良さそう。コロナ禍で実体が見えない経済だけど、どの業種も株価が総じてUpの不思議。高値では手を出しがたく、下がった段階で目星をつけたものを買うのが吉。ロボット業界にも注目。2021/09/12

むらきち

8
世の中を俯瞰できる良い本です。色々な業界の様子を見ることができ、今、どのような流れがあるのか知ることができます。毎日のニュースと違い、大きな流れです。去年は日経のほうを買ってましたが、一長一短あってどっちが良いと言い切れない。投資や経済に興味なくとも、自身の関わる業界ぐらいは見ても良いと思います。2021/09/14

ミヒャエル・安吾

5
今年も業界地図の発行の季節だ。電車の広告で日経版が発行されたの知ったから、此方も発行されてるだろうと思った。一通り読んだ感じ、各企業の顔ぶれは変わってない気がする。2021/09/04

読書のエイミー

1
たのしい2021/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18256073

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。