AIに負けない子どもを育てる

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

AIに負けない子どもを育てる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月03日 00時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 332p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492762509
  • NDC分類 817.5
  • Cコード C3034

出版社内容情報

AI時代を生き抜く読解力を身につけるには? ベストセラー『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』待望の続編。問題集付き!

内容説明

AIが苦手とする読解力を人間が身につけるにはどうしたらいいのか?読解力向上のために親、学校、個人ができることを提言。小学校・中学校で実際に行われて成果をあげている授業・取組みを公開!大人が読解力を身につける方法も明らかにする。

目次

第1章 AIの限界と「教科書が読めない子どもたち」
第2章 「読める」とはなんだろう
第3章 リーディングスキルテスト、体験!
第4章 リーディングスキルテストの構成
第5章 タイプ別分析
第6章 リーディングスキルテストでわかること
第7章 リーディングスキルは上げられるのか?
第8章 読解力を培う授業を提案する
第9章 意味がわかって読む子どもに育てるために
第10章 大人の読解力は上がらないのか?

著者等紹介

新井紀子[アライノリコ]
国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長。一般社団法人「教育のための科学研究所」代表理事・所長。東京都出身。一橋大学法学部およびイリノイ大学数学科卒業、イリノイ大学5年一貫制大学院を経て、東京工業大学より博士(理学)を取得。専門は数理論理学。2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務める。2016年より読解力を診断する「リーディングスキルテスト」の研究開発を主導。2018年に出版した『AI vs.教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)では、大川出版賞、石橋湛山賞、山本七平賞、日本エッセイスト・クラブ賞、ビジネス書大賞などを受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mariya926

137
学校の教師に読んでいただきたい内容です。子どものためを思ってせっせと作っているキーワード穴埋め式のプリントが読解力を無くさせているのは納得。そして人間は怠ける天才というのも納得です。子どもはこの先生の授業はこうすれば点数を取れると知っているので、ちゃんと授業を受けようともしなくなります。最後に少しだけ『意味がわかって読めるためにできること』が説明されていますが、これが知りたくて読みました。家で出来ることは、同じ本を繰り返し読む、自然に接する時間を取る、会話を聞く機会を増やす、ごっこ遊びができる環境を作る。2021/04/13

ひろき@巨人の肩

126
「教科書を理解できる読解力」こそがAI社会に必要となる能力。我々含め戦後、日本の学生が教科書を読めなくなったことで、授業が「詰め込み・暗記」型へ変質した。著者の開発した「リーディングスキルテスト」は「読解力」の科学として興味深く、論理的思考の基礎を築く。①文の構造を理解する「係り受け解析」②代名詞を認識する「照応解決」③辞書や理数的な定義の理解を測る「具体例同定」④自学自習の必須スキル「同義文判定」⑤既存の知識と新しい知識の繋がりを判断する「推論」⑥文と図を対応させる「イメージ同定」2022/02/07

ゲンキ

126
前作に比べて、読解力を測る「RST」の体験版が28問もあり、楽しかったです。私は、推論と具体例同定が苦手な前高後低型でした😭。学生時代は読解力のなさを暗記で底上げしていたと反省させられました。子どもには、①様々な年代の大人の会話を聞かせ、語彙を豊富にする②自然体験を日常的に行う③同年代または少し上の年齢の子供たち同士の交流をさかんにする④読み聞かせ、読書を推奨する⑤主観ではなく客観でわかりやすく事実のみを伝える文章を作成させる等を実践して、AIに負けない子どもを育てていきたい🙋2020/02/29

R

125
AIが苦手とする、意味を読み解くという能力について、RSTという手法で測定し、それをどのように育んでいけばよいかのヒントを書いた本でした。教育についてかなりクローズアップしていて、どのような授業で、読解力を高められるか例示しているのが興味深い。能力判定の設問も実際に体験できて、真剣に取り組むことで、自分がいかに文章を読んでいないか、痛感できて面白かった。文章を理解するということの大切さ、文字という人類が発明したツールを使いこなす方法について改めて思い知らされるようだった。2020/03/04

きみたけ

120
・新井さんの本は前作に続き2冊目。文章の読解力の大切さ、重要さを改めて痛感しました。併せてうちの子どもたちの読解力は大丈夫だろうかと心配になりました。もう遅いのかもしれませんが(汗) ・今回は具体的な紙上授業も交えて、より具体的なアプローチがあってとても良かったと思います。2020/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14162819

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。