行動ファイナンスで読み解く投資の科学―“お金は感情で動く”は本当か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492732540
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C3033

内容説明

人は理論よりも気分で投資する!世界最高の頭脳たちが解き明かした「お金」と「意思決定」に関する最新の知見。

目次

第1部 なぜ「非合理」な決定をしてしまうのか―「お金」と「意思決定」に関する最新の知見(それを選ぶと思っていた!;数学的には正しいけれど;商売の鉄則 ほか)
第2部 行動ファイナンスを利用した金融サービス(クオンツ・マーケティング;安全第一の投資手法;金融心理工学に基づく商品 ほか)
第3部 神経経済学の挑戦―ここまでわかった!感情の湧き起こる場所(脳研究の技術;喜びの回路;恐怖を支配するアーモンド ほか)

著者等紹介

大庭昭彦[オオバアキヒコ]
野村證券金融工学研究センター主任研究員、日本証券アナリスト協会検定会員。アクサ・ローゼンバーグ証券投信投資顧問株式会社社外取締役。東京大学計数工学科にて、脳の数理理論「ニューラルネットワーク」研究の世界的権威である甘利俊一教授のもとで学士号を取得、修士課程では「ネットワーク理論」を研究。1991年、東京大学を卒業後、国内のシンクタンクへ入社。米国サンフランシスコの投資工学研究所などを経て、1998年に野村證券金融経済研究所に転籍、現在に至るまで、主にファイナンスに関わる著作を継続して執筆している。2000年、証券アナリストジャーナル賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。