• ポイントキャンペーン

金融工学20年―20世紀エンジニアの冒険

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492670217
  • NDC分類 338.01

内容説明

1940年に生まれた著者は、スプートニク・ショック後の理工系ブームの中で理工系大学に進み、エンジニアとして40年を過ごした。本書は、その後半の20年間、金融工学という分野に参入したエンジニアが、仲間たちと共に日本の富を自国に還流させようとする米国、“金融工学はたんなる計算”と批判する経済学者、“金融工学は学問か”と揶揄する純正エンジニア、金融工学に理解を示さない金融ビジネスのリーダーたちと戦いながら、エンジニア・スタンダードでこの分野を切り拓いていく過程を、クロノロジカルに記したものである。

目次

金融工学ことはじめ
ファイナンスはORそのものだ
バブル前夜の研究会発足
1年限定の“株式評論家”
MADモデルで参戦
MADモデルの正当性
マーコビッツ教授の失策
エンジニアが嫌いな「お金の研究」
数学者のファイナンス参入
統計学者とエンジニアの共闘〔ほか〕

著者紹介

今野浩[コンノヒロシ]
1940年生まれ。東京大学大学院数物系研究科応用物理学専攻修士課程修了、スタンフォード大学大学院オペレーションズ・リサーチ学科修了。東京工業大学大学院社会理工学研究科経営工学専攻教授、同理財工学研究センター長などを経て、中央大学理工学部経営システム工学科教授。日本オペレーションズ・リサーチ(OR)学会会長、Ph.D.、工学博士