BANK4.0 未来の銀行

個数:
電子版価格 ¥2,860
  • 電書あり

BANK4.0 未来の銀行

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 512p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492654866
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C3033

内容説明

劇的な変化が始まる!急速に進化するテクノロジーで金融サービスの姿は全く変わる。新しい世界を制するプレーヤーとは!?ハイテク・プラットフォーマーvs.従来型銀行、サバイバルの行方は!

目次

1 2050年の銀行(第一原理への回帰;規制当局のジレンマ)
2 リアルタイム世界におけるバンキングの再構築(組込み型バンキング;商品とチャネルから顧客経験へ;分散台帳技術、ブロックチェーン、仮想通貨、分散型エコシステム)
3 フィンテックで銀行が不要となる理由(フィンテックとテックフィン:敵か味方か?;バンキングにおけるAIの役割;普遍的な顧客経験)
4 生き残る銀行、そうでない銀行(適応か死か;結論:Bank 4.0へのロードマップ)

著者等紹介

キング,ブレット[キング,ブレット] [King,Brett]
テクノロジー・フューチャリスト。ムーブン(Moven)創立者。50を超える国で100万人を超える人々に向けて、テクノロジーがビジネスをディスラプトし、人々の行動を変え、社会に与える影響について講演している。オバマ政権のホワイトハウスや国家経済委員会に対して、米国におけるバンキングの未来について助言するほか、世界中の政府や規制当局に対してアドバイスを提供している。また、バンキングと金融サービスにおけるテクノロジーのインパクトについて、世界をリードする独自のラジオ番組(Breaking Banks)のホストを務め、この番組は150カ国を超える国々に650万人のリスナーを抱える。2011年に、モバイルスタートアップのムーブンを共同設立、現在までに4200万ドルの投資を受け、米国発の消費者向けネオバンクとして、世界初のモバイルのダウンロード可能銀行口座を提供している

藤原遠[フジワラトオシ]
株式会社NTTデータ代表取締役副社長執行役員金融分野担当、欧米分野担当、グローバルマーケティング担当。1985年東京大学工学部卒とともに日本電信電話株式会社入社後、1988年の分社に伴いNTTデータ通信株式会社へ。銀行、保険、決済インフラ等の金融分野事業に一貫して携わり、執行役員第四金融事業本部長(2014年)、執行役員第一金融事業本部長(2015年)、取締役常務執行役員金融分野担当(2017年)を歴任後、2018年6月より現職。米国コーネル大学経営学修士(MBA)・工学修士(ME)

上野博[ウエノヒロシ]
NTTデータ経営研究所金融政策コンサルティングユニットエグゼクティブスペシャリスト。住友銀行、日本総合研究所、フューチャーシステムコンサルティング、マーケティング・エクセレンス、日本IBMを経て現職。金融サービス業界を中心に、経営・事業戦略/新規事業開発/業務改革/マーケティング/テクノロジー活用等に関するコンサルティング/発信/提言活動を活発に実施

岡田和也[オカダカズヤ]
NTTデータオープンイノベーション事業創発室デジタル戦略推進部オープンイノベーション・チームシニアエキスパート。日本生まれ欧州育ち。ジョージワシントン大学ITマネジメント修士課程修了、同時に米国連邦政府からCIO Certificationを取得。NTTデータにてNASAと宇宙開発事業団の連携業務に従事した後、ワシントンDCでCSIS(戦略国際問題研究所)客員研究員等の立場からITイノベーションや電子政府に関する提言活動を行う。現在NTTデータオープンイノベーション事業創発室においてフィンテックを中心とする世界各国のベンチャーとの事業開発に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アマゾン、アリババ、フェイスブック、アップル・・・・・・
2025年、世界最大の銀行はテクノロジー企業になる!?

急速に進化するテクノロジーで金融サービスの姿は全く変わる。
従来型の銀行が、いまだに支店、通帳、印鑑、本人窓口確認、プラスチックカードをもとにバンキングを提供している一方で、巨大IT企業やフィンテックスタートアップは、AIやブロックチェーン、SNSを駆使し、それらを一切必要としない、顧客のメリットのみを追求した新たなバンキングの世界を作り始めている。

未来の銀行は誰が制するのか?
ハイテク・プラットフォーマー VS 従来型銀行、サバイバルの行方は!
金融とテクノロジーの世界的ビジョナリストが、銀行の今と未来を解説する。