「おもてなし」のIT革命―エクスペリエンス・テクノロジーがビジネスを変える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492580844
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C3034

内容説明

御社のITは、顧客の「心」を知っていますか?なぜあのウェブサイトは「居心地がいい」のか?ITが、あなたの「心」を理解し始めた。

目次

第1章 「顧客経験価値」がビジネスの明暗を分ける―企業戦略の変化(「顧客経験価値」とは何か;拡大するITチャネル、変化する消費行動 ほか)
第2章 「おもてなし」テクノロジーの最前線―顧客接点はこう変わる(現実世界の五感を再現する;視覚を再現する技術 ほか)
第3章 「自然な働きかけ」を再現する―最適化される顧客接点(現実世界の自然な働きかけを再現する;言語系の働きかけを再現する技術 ほか)
第4章 「老舗旅館の女将」化するウェブサイト―「おもてなし」を作るのは誰か?(顧客の行動から顧客を理解する;顧客の声から顧客の感情を理解する ほか)
第5章 ITに支配されない経営―ブランド整合性を図る技術(架空のターゲット顧客をデザインするペルソナデザイン;顧客の行動を徹底的に観察するエスノグラフィ ほか)

著者等紹介

田中達雄[タナカタツオ]
野村総合研究所技術調査部上級研究員。シニアITアナリストとして従事。専門はエクスペリエンス・テクノロジー、セマンティック技術、データ管理/マスターデータ管理、オブジェクト指向などの開発技術/開発方法論など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Shu

6
自分を見つめ直してですが、作り手の都合やエゴを押し付けるエンジニアに、プロ意識を持ってもらいたいと感じる。2014/03/25

カエル子

1
事例が豊富でオススメです。現時点(2010年出版)で世にあるあんなテクノロジーやこんな研究成果を使って、各種業界や各社がどんなリサーチや手法を用いて、どのように他とは違うエクスペリエンスを提供しようと頑張っているかが分かります。リサーチャーとして、めちゃくちゃ参考になる。関係諸氏、読むべし。2011/02/25

オケマリ

1
お客様がネットで購入しやすいように様々な「おもてなし」の仕組みを導入しており、その例を紹介しています。どれも資金が必要で中小企業向きのものはすくなかつたが、ヒントになりました。2010/09/05

さやややや

0
前半の技術系の話は、学生時代…しかも大学1~2年の若いときに読みたかったかも。今は、後半のマーケティング系の話の方が楽しめた。ペルソナ、完全にナメてたと反省…。しかし買おうと思ったきっかけは、仕事頑張ろうとかよりも、ジャケ買い&タイトル買いかも。キチガイ柄にヤラレた。最近、本にもお金を払っているんだもの、ちゃんと読もう、目的を持って読もう、などと思っているけど、それは単に貧乏だからだったりする。いいんだか悪いんだか…。2011/05/21

H_AY

0
★32010/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/616272

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。