ユーザーイノベーション―消費者から始まるものづくりの未来

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

ユーザーイノベーション―消費者から始まるものづくりの未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月10日 06時20分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492533352
  • NDC分類 675.3
  • Cコード C3034

内容説明

世界最先端のイノベーション研究を豊富な事例とともに紹介。少ない費用で魅力的な製品・サービスを開発できる!「消費者の叡智」を中心に置いた新しいパラダイム。

目次

第1章 消費者はイノベーションする
第2章 ユーザーは用途をイノベーションする
第3章 リードユーザーが低費用でイノベーションする
第4章 消費者はイノベーションを無料公開する
第5章 消費者の多様性がメーカーの能力をしのぐ
第6章 ユーザーは起業する
第7章 「イノベーションの民主化」研究の背景を知る
終章 イノベーションの民主化から何を学ぶか

著者等紹介

小川進[オガワススム]
神戸大学大学院経営学研究科教授。1964年兵庫県生まれ。1998年にマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院にてPh.D.、2000年に神戸大学より博士(商学)。2003年より現職。研究領域は、イノベーション、マーケティング、ビジネスモデル論。組織学会高宮晋賞(2001年)、吉田秀雄賞(2011年、準賞)、高橋亀吉賞(2012年、優秀賞)などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

消費者もイノベーションに参加している! 製品・サービスづくりの未来像と経営を、最先端の研究と先進事例を紹介しながら説く。

これまでイノベーションというものは、メーカーや研究機関からの専売特許と見られてきたが、インターネット技術の進歩に伴い、広く消費者にイノベーションの道が開かれるようになってきている。この「イノベーションの民主化」によって、企業の製品やサービスづくりが大きく変わり、多様なイノベーションが一気に広がろうとしている。それはまた、「消費者の叡智」をうまく取り込むことで、企業は少ない費用で魅力的な製品を開発できるようになることを意味している。本書は、消費者イノベーションについての世界最先端の研究成果をもとに、新しい製品・サービス開発と経営のあり方を説いたものである。マウンテンバイク、マスキングテープ、クックパッド、カヤック、初音ミク、レゴ、無印良品、エレファントデザイン、イノセンティブ、3Dプリンターなど、多くの先進事例も取り上げられている。

第1章 ユーザーはイノベーションする
第2章 ユーザーは用途をイノベーションする
第3章 リードユーザーが低費用でイノベーションする
第4章 消費者はイノベーションを無料公開する
第5章 消費者の多様性がメーカーの能力をしのぐ
第6章 ユーザーは起業する
第7章 「イノベーションの民主化」研究の背景を知る
終章 イノベーションの民主化から何を学ぶか

【著者紹介】
小川 進(オガワ ススム)
神戸大学大学院経営学研究科教授
1964年兵庫県生まれ。87年神戸大学経営学部卒業、98年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院にてPh.D.。2003年より現職。主な著作に『イノベーションの発生論理』『ドクター・オガワに会いに行こう』(千倉書房)、『ディマンド・チェーン経営』『稼ぐ仕組み』(ともに日本経済新聞社)、『競争的共創論』(白桃書房)がある。ユーザー・イノベーション研究では世界的な評価を得ている。2012年高橋亀吉賞(優秀作)受賞。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件