GAFA next stage ガーファネクストステージ―四騎士+Xの次なる支配戦略

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

GAFA next stage ガーファネクストステージ―四騎士+Xの次なる支配戦略

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月17日 13時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492503355
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C3034

出版社内容情報

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2019 総合第1位」
「ビジネス書大賞2019 読者賞」
日本にGAFAという言葉を定着させた15万部のベストセラー
『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』著者最新刊!

コロナで肥え太った巨大帝国が「再び」世界を変える!
彼らは何を壊し、何を創るのか? 私たちは彼らの世界でどう生きるのか?

【本書の主な内容】
・四騎士+Xが世界を「絶望の赤」と「希望の青」に塗り分ける
・新型コロナは「時間の流れ」を変えた
・痛みは「弱者にアウトソーシング」された
・強者はもっと強くなり、弱者はもっと弱くなる。あるいは死ぬ。
・ポストコロナで勃興する新ビジネス
・パンデミックはすべてを「分散化」させた
・台頭するディスラプターズ
・GAFA+Xの暴走に対抗する
…ほか

【世界的権威が示す「GAFA+X」時代の希望】
・「青い聖騎士」の登場
・「プロダクト時代」のはじまり
・「フライホイール」「ランドル」をつくれ
・彼らの「新たな獲物」を予言する
・「最強のディスラプター」の8つの特徴
…ほか

【本書で紹介されている「+X」企業】
テクノロジー:マイクロソフト
観光・ホテル:エアビーアンドビー
寝具:ブルックリネン
旅行:カーニバル
保険:レモネード
動画配信:ネットフリックス
医療:ワン・メディカル
フィットネス:ペロトン
金融:ロビンフッド、パブリック
小売:ショッピファイ
音楽:スポティファイ
自動車:テスラ
SNS:ツイッター、ティックトック
配車サービス:ウーバー
メガネ:ワービーパーカー
シェアオフィス:ウィワーク

【GAFA+Xが狙う「次なる獲物」は、あなたの業界かもしれない】
GAFAは今後5年で収益を1兆ドル増やす必要がある。
そのためには新しい市場への参入が求められ、さまざまな領域に入り込んでいくことになる。
ウサギの肉で都市を満たすことはできない。もっと大きな獲物が必要だ。(本文より)

【前著 『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』読者の感想】
「皮肉とユーモア満載で面白い!ぐいぐい引き込まれた」
「読者を魅了する天才だ。知的で思慮深く、皮肉屋でありながらユーモアに溢れている」
「革命がこんな形で起きているとは!!本書を読むまで気づくことができなかった」

内容説明

コロナで肥え太った巨大帝国。彼らは何を壊し、何を創るのか?世界的権威が示す、GAFA+X時代の希望。「青い聖騎士」の登場、「プロダクト時代」のはじまり、「フライホイール」「ランドル」をつくれ、彼らの「新たな獲物」を予言する、「最強のディスラプター」の8つの特徴…ほか。

目次

イントロダクション
第1章 新型コロナとGAFA+X(強者はもっと強くなり、弱者はもっと弱くなる。あるいは死ぬ;危機を生き残れた企業がやったこと ほか)
第2章 四騎士GAFA+X(加速する「GAFA+X」の支配;「GAFA+X」の3つの力の根源 ほか)
第3章 台頭するディスラプターズ(ディスラプタビリティ・インデックス;「過熱」の一途をたどるスタートアップ業界 ほか)
第4章 大学はディスラプターの餌食(ディスラプションの機は熟している;大学に大変革を起こす力 ほか)
第5章 GAFA+Xの暴走に対抗する(あまりにも無力になった政府;資本主義の功罪 ほか)

著者等紹介

ギャロウェイ,スコット[ギャロウェイ,スコット] [Galloway,Scott]
ニューヨーク大学スターン経営大学院教授。MBAコースでブランド戦略とデジタルマーケティングを教える。連続起業家(シリアル・アントレプレナー)として、L2、Red Envelope、Prophetなど9の会社を起業。ニューヨーク・タイムズ、ゲートウェイ・コンピュータなどの役員も歴任。著書『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(渡会圭子訳、東洋経済新報社)は15万部のベストセラーとなり、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2019総合第1位」「ビジネス書大賞2019読者賞」の2冠を達成、日本にGAFAという言葉を定着させた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

98
前著「GAFA――四騎士が創り変えた世界」の最後で、「この四騎士は、聖なる四騎士か、ヨハネの黙示録の四騎士か」と問いかけた著者だが、コロナ禍で一層支配力を増したGAFA+Xを、今度ははっきりと「巨富の悪人」と呼ぶ。イノベーション経済として出現した彼らが、10年を経て、搾取経済の主役になっている。従業員を搾取し、消費者を搾取すると。また、ディスラプションが迫る業界として、大学を取り上げているのは面白い。この数十年間、何らイノベーションせずに授業料だけが上昇。コロナがその実態を浮き彫りにしたとの指揮は鋭い。2022/07/20

ハッシー

60
★★★☆☆ 日本にGAFAという言葉を定着させた前作『四騎士が創り変えた世界』ほどのインパクトはなく、凡庸な内容。ユーモアが多く読んでいて面白いのだが、読み終えたあと内容があまり頭に残っていないのは、本書が伝えるメッセージがあまり心に響かないからだろう。新型コロナは時間の加速装置となり、数十年の変化が数週間で起きてしまった。強者はもっと強くなり、弱者はもっと弱くなる方向に世界は進んでいる。アメリカ政府や資本主義に対する批判はごもっともなのだが、著者が強者であるがゆえに、あまり共感できないのかも知れない。2022/02/26

ヒデキ

47
豊かな人たちが、さらに豊かになっていくカラクリと、その元資を生み出すために、誰の懐が、痛むのかを書いていますが、著者も、殆ど、富裕層だと思うが、その方でも、今の状況に不安を持ってくることが、ヒシヒシと伝わってきました。果たして、コロナ後、どんな世界になってしまうのか??2022/02/24

よっち

37
コロナでさらに収益を伸ばした巨大企業が再び世界を変える。彼らは何を壊し何を創るのか?私たちはその世界でどう生きるのか考える一冊。新型コロナは時間の流れを変え、痛みは弱者にアウトソーシングされたとする著者が、ポストコロナで勃興する新ビジネスや、ブランド時代の終わりとプロダクト時代の始まり、付加価値と行動データのビジネスモデル、これから伸びる企業などを分析していて、アメリカの大学に対する危機感やGAFA+Xの暴走に対抗する政府の役割などを提言する、現代アメリカ事情の一端を知る上でもなかなか興味深い一冊でした。2022/02/13

速読おやじ

30
コロナで激変した世界の中でGAFA+Xが益々支配を深めている様を生き生きと描く。前作のように批判一辺倒ではない。ブランド時代からプロダクト時代へ。商品を製造コストより高い値段で売る(Apple)か、商品を無料か原価以下で売り他の企業に利用者の行動データを有料で提供(Facebook)する。プロダクト時代では後者が利益が出る。著者は前者を青、後者を赤のビジネスモデルとして、むろん赤を批判的に描く。Youtubeは赤、Netflixは青。Twitterは青。大学がGAFAの餌食になると警告。面白い!2022/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18958979

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。