神さまとぼく―山下俊彦伝

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

神さまとぼく―山下俊彦伝

  • 提携先に39冊在庫がございます。(2020年06月07日 12時05分現在)
    通常、10日程度で出荷されます。
    ※出荷が遅れたり、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、10日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ 46判/ページ数 489p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492503157
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C3034

内容説明

パナソニックの危機を予見した男。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と称賛され、家電メーカーの売上げが倍々ゲームで伸びた80年代に、「危機の到来」を訴え続けた経営者がいた。山下が生きた時代を通してみる「家電王国」の激動の50年史。

目次

「もう一つの日本」を探して
退社、再入社、ウエスト電気
エアコン事業部長の青春
新社長が決まるまで
ミスター危機感になる
背教者と指さされて
ビデオの時代
“古巣”大粛清、そして和解
「ACTION61」発動―“家電王国”を変える
中心に人と感動。「パラドックスの経営」全開へ
歩みを世界とともに
「松下家」と対決する
「中村革命」の中で
引き継がれる山下俊彦

著者等紹介

梅沢正邦[ウメザワマサクニ]
経済ジャーナリスト。1949年生まれ。71年東京大学経済学部卒業。東洋経済新報社に入社し、編集局記者として流通業、プラント・造船・航空機、通信・エレクトロニクス、商社などを担当。『金融ビジネス』編集長、『週刊東洋経済』副編集長を経て、2001年論説委員長。09年退社し現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

家電王国は必ず崩壊する――。神様に選ばれながら神様に異を唱え続けた、稀代の経営者を通してみるパナソニック凋落の30年史。