熱海の奇跡 - いかにして活気を取り戻したのか

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

熱海の奇跡 - いかにして活気を取り戻したのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 21時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492503010
  • NDC分類 601.154
  • Cコード C0034

出版社内容情報

団体観光客などが激減し衰退した熱海はなぜ復活を遂げたのか。ゼロから街の再生に取り組み、テレビなどでも注目を集める著者が明かす大前研一氏、木下斉氏推薦!

「衰退した観光地」の代名詞となっていた熱海はなぜ再生できたのか

Uターンしゼロから街の再生に取り組んだ著者を通して見えてくる、人口減少時代の魅力ある地域づくりのあり方。


◆推薦の言葉

大前研一

「単年度予算で動く行政を民間が補完して町の魅力作りを長期的に推進する格好のモデル。著者が代表を務め、熱海を活性化しているNPO法人atamistaの実績から多くのヒントが得られる」

木下 斉

「この本は地元に戻り、仲間と小さな事業を立ち上げ、成長させることが、まちの再生に繋がることを教えてくれる。読み終えたら、多くの人が挑戦したくてウズウズするだろう刺激に満ちた一冊だ」


◆著者の言葉

この本では、熱海で私たちが培った経験を、可能な限りお話ししました。
ビジネスの手法でまちづくりをすることは、熱海だけに使えるやり方というのではなく、日本全国どこの地域でも使えると思うのです。
なぜなら、かつての熱海の衰退は、日本全国の地方の衰退と同じ構造で起こったからです。(プロローグより)
                                                 


プロローグ ビジネスによる?まちづくり?があなたの街を再生する

第1章 廃墟のようになった熱海

第2章 民間からのまちづくりで熱海を再生しよう

第3章 まちづくりは「街のファンをつくること」から

第4章 街を再生するリノベーションまちづくり

第5章 一つのプロジェクトで変化は起き始める

第6章 街のファンはビジネスからも生まれる

第7章 事業が次々と生まれ育つ環境をつくる

第8章 ビジョンを描き「街」を変える

第9章 多様なプレイヤーがこれからの熱海をつくる

エピローグ 都市国家のように互いに繁栄を


市来 広一郎[イチキ コウイチロウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おせきはん

17
熱海の再生に取り組む著者の体験が語られています。小さな取り組みから始めたこと、補助金に頼らず収益性を重視していることは、活動を継続するために重要だと思いました。地域の魅力を再発見し、地元の人々と一緒に発信するのは、熱海だからできたわけではなく、どの地域でも取り組めるオーソドックスな手法だと感じました。失敗を率直に語る著者の姿勢にも好感を持ちました。2018/12/16

Kentaro

15
ダイジェスト版からの要約 かつて、首都圏近郊の温泉地として栄えた熱海は高度経済成長期から徐々に衰退していき、2000年代にかけては、すっかり見る影もなくなた。熱海の旅館やホテルの宿泊客数は60年代半ば530万人が、11年には246万人と半分以下に落ち込んだ。しかし、'15年には308万人となっていて、短期間に20%以上も急増したため、熱海はV字回復したと言われている。地元の人が熱海を知り、好きになってもらうことから始める。地元の人たちのネガティブな熱海のイメージが変わらないと、熱海の再生なんかあり得ない。2018/07/13

C-biscuit

12
図書館で借りる。地方再生の本であり、熱海の復活劇の取り組みを紹介している。そもそも温泉街が各地で衰退しているのは理解しているが、復活し奇跡と言われていることは知らなかった。著者は熱海の出身者で若くから「オンたま」という地域資源を活用した体験プログラムなど活動しており、その軌跡を紹介している。地元の人の意識改革に尽力しており、会社にも置き換えられると感じる内容で大いに参考になる部分があった。観光産業が中心であるため、外的要因が大きいと思われるが、内側から変えようとする姿勢もわかりやすい。熱海に行ってみたい。2018/10/03

スプリント

11
不況で沈滞ムードの熱海しかしらなかったのですが、今は活気があるようですね。様々なプランを自立を前提として取り組んでいることが素晴らしいです。2018/12/22

hiyu

8
熱海に行ったことがないため、イメージとして随分寂れた印象を抱いていた。まさか、第2の夕張とまで至っていたことは知らなかった。その熱海の再生、多分その半ばだと思うが、それを示したもの。本書は単なる成功物語ではない。少なくない失敗も記述されているし、試行錯誤を重ねているのだろうと容易に想像できる。同じやり方が別の衰退地域で通用するかどうかは別だと思うが、情熱、意識改革の重要性を思い知らされる。それと助成金に頼らない仕組みも。2019/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12835526

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。