世界金融危機はなぜ起こったか―サブプライム問題から金融資本主義の崩壊へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 256p
  • 商品コード 9784492395059
  • NDC分類 338.9
  • Cコード C3033

出版社内容情報

世界を震撼させたリーマン・ショック。サブプライム問題がなぜ起こり、なぜ破綻したのかを検証するとともに、ドル危機、世界同時不況など世界経済の危機にも言及し展望。

【目次】
序 章 リーマン・ブラザーズ破綻の衝撃
第1章 サブプライム問題の起源
第2章 金融危機の表面化
第3章 実体経済へ波及するサブプライム問題
第4章 世界を震撼させた米住宅公社問題
第5章 問題の検証
終 章 世界経済3つの危機

内容説明

巨大な住宅バブルを生み出したのは誰か。世界の金融システムはどこへ向かうのか。“大恐慌以来”と言われる危機の本質を時系列的に分析・検証する。

目次

序章 リーマン・ブラザーズ破綻の衝撃―世界金融恐慌突入の危機
第1章 サブプライム問題の起源―ITバブル崩壊と余剰マネー
第2章 金融危機の表面化―止まらない信用不安(2007年8月‐2008年3月)
第3章 実体経済へ波及するサブプライム問題―景気失速、原油・食糧急騰へ(2008年3月‐2008年7月)
第4章 世界を震撼させた米住宅公社問題―連鎖する金融危機(2008年7月以降)
第5章 問題の検証―危機の本質はどこにあったのか
終章 世界経済3つの危機―経済・金融システムはどこへ向かうのか

著者等紹介

小林正宏[コバヤシマサヒロ]
住宅金融支援機構住宅総合調査室主任研究員。1988年東京大学法学部卒業、住宅金融公庫入庫。海外経済協力基金マニラ事務所駐在員、国際協力銀行開発業務部副参事役、アメリカ連邦抵当金庫(ファニーメイ)特別研修派遣、住宅金融公庫企画部調査役、同証券業務部副参事役等を経て、2007年4月より現職

大類雄司[オオルイユウジ]
みずほコーポレート銀行証券部調査課長。1989年東京大学法学部卒業、日本興業銀行入行。海外経済協力基金開発第2部、開発第1部、日本興業銀行国際営業第1部、同行証券部資本市場課調査課、みずほコーポレート銀行証券部調査チームを経て、2008年9月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。