弁護士が多いと何がよいのか―外資・ゴネ得・モンスターに負けない社会の作り方

電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり

弁護士が多いと何がよいのか―外資・ゴネ得・モンスターに負けない社会の作り方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492270530
  • NDC分類 320.7
  • Cコード C3032

内容説明

外交下手、ビジネスでの敗退、生活トラブルの泥沼化は、弁護士不足が原因だった。司法試験合格者数の抑制に異議あり。

目次

第1章 法的レベルが低い国は衰退する―この内憂外患を乗り切れるのか(何を武器にして戦うつもりか;平和的な解決のためには、法律家が必要だ ほか)
第2章 ゴネ得、クレーマー、モンスターを許すのか―身近に忍び寄る市民の不条理(開き直る人たち;お互いに不幸な結果は避けるべき ほか)
第3章 競争力に直結した法務戦略―企業法務の後れで起きている大変な事態(法務が弱いために足をすくわれる;日本の法感覚が通用しない ほか)
第4章 「法律が守られない国」をどう変えるか―お役所仕事から法制度まで(公務員に求められる弁護士;もし官僚が弁護士だったら ほか)
第5章 法律家をどう育てるか―法科大学院の現場から(人員削減で負のスパイラルに陥った;ネガティブ・キャンペーンの深刻度 ほか)

著者紹介

浜辺陽一郎[ハマベヨウイチロウ]
弁護士。2009年4月より青山学院大学法務研究科(法科大学院)教授。1984年司法試験合格。1985年慶應義塾大学法学部卒業。1987年弁護士登録(第二東京弁護士会)。1995年米国ニューヨーク州弁護士登録。都内の渉外法律事務所等を経て、現在、弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニックにおいて企業法務を中心とした弁護士業務に携わる。早稲田大学法学部でゼミ(国際ビジネス法)も担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)