雇用融解―これが新しい「日本型雇用」なのか

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり

雇用融解―これが新しい「日本型雇用」なのか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492260845
  • NDC分類 366.21

内容説明

改善なき低待遇が、のしかかる責任が、働く者の希望と未来を奪う。名だたる大企業の労働実態を明らかにする徹底ルポルタージュ。

目次

ニッポン製造業復活の象徴「亀山」の“逆説”
第1部 製造業復活の裏側で(異形の帝国「クリスタル」の“実像”;若き「請負」労働者たちの“喪失”;「外国人研修生」という名の“奴隷”)
第2部 「働き方の多様化」という“欺瞞”(「フリーター」の描けない“未来予想図”;「パートタイマー」の“憂鬱”;「個人請負」の悲惨―労働法“番外地”の実態)
第3部 雇用融解(「正社員」を襲う“ホワイトカラー・エグゼンプション”の衝撃;「医師・教師・介護士」を蝕む“聖職”意識の呪縛;「雇用融解」がもたらすもの)

著者紹介

風間直樹[カザマナオキ]
1977年長野県生まれ。都立小石川高校、早稲田大学政治経済学部卒業。2001年同大大学院法学研究科修了後、東洋経済新報社に入社。第一編集局記者として、電機、金融担当を経て、現在、雇用労働問題を中心に担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

現代の労働者がいかに過酷な立場に立たされているかを徹底取材。待遇は改善されず、または悪化する一方で、負うべき責任だけは膨らんでいく。雇用のあり方を問い直す警世の書。

【目次】
序章 ニッポン製造業復活の象徴「亀山」の“逆説”
第I部 製造業復活の裏側で
 第1章 異形の帝国「クリスタル」の“実像”
 第2章 若き「請負」労働者たちの“喪失”
 第3章 「外国人研修性」という名の“奴隷”
第II部 「働き方の多様化」という“欺瞞”
 第4章 「フリーター」の描けない“未来予想図“
 第5章 「パートタイマー」の“憂鬱“
 第6章 「個人請負」の悲惨―労働法“番外地”の実態
第III部 雇用融解
 第7章 「正社員」を襲う“ホワイトカラー・エグゼンプション”の衝撃
 第8章 「医師・教師・介護師」を蝕む“聖職”意識の呪縛
終章 「雇用融解」がもたらすもの