大震災に学ぶ社会科学〈第1巻〉政治過程と政策

個数:
電子版価格 ¥3,762
  • 電書あり

大震災に学ぶ社会科学〈第1巻〉政治過程と政策

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月08日 11時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 371p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784492223567
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C3036

出版社内容情報

東日本大震災において、日本の政治はどのような決定を下したのか。決めるべきことを正しく決めたのか。

本書ではまず、行政、立法、司法という国家制度の「三権能」の動きに注目する。
さらに、原子力発電所をめぐる政治・政策過程、つまり原発事故に関連する発電所立地、安全規制行政、事故調査について検討する。
また、政府外のアクター、すなわち社会アクターから震災と公的決定の問題を俯瞰する。
そして、政治システム全体の動きを評価する民意が、選挙を通じてどのように示されたのかを分析する。
最終的に問われる必要があるのは、主権者である市民が公的決定にどのように関与しえたのかということである。

はじめに

第1部 震災下の国家基本三権能

第1章 執政:福島第一原発事故と官邸の対応  伊藤光利
第2章

目次

第1部 震災下の国家基本三権能(執政:福島第一原発事故と官邸の対応;行政:東日本大震災に対する中央府省の対応;立法:ねじれ国会下の立法過程;司法と行政の相克:弁護団調査からみる福島第一原発事故損害の賠償過程)
第2部 原子力の政治(福島原発事故の定量分析:国際比較の視点から;原子力安全規制の政治過程:行政体制再構築における政策学習;事故調査の政治空間:福島原発事故をめぐる2つの事故調)
第3部 社会アクターの政治(震災以前における東京電力の政治権力・経済権力;震災発生後の東京電力と政治;地方自治体と民間事業者・業界団体による災害協定;脱原発と民意のゆくえ:原子力発電をめぐる争点関心のプロセス)
第4部 震災と選挙(2012年総選挙へ向けた政局と政策論争:政党政治家は震災と原発事故をどう捉えたのか;2012年総選挙の得票分析:震災後の国政選挙にあらわれた民意;原子力災害と福島の地方選挙;何が公的決定され、何が公的決定されなかったか)

著者等紹介

辻中豊[ツジナカユタカ]
筑波大学人文社会系教授、筑波大学学長特別補佐。大阪大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得。京都大学博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。