就活は3年生からでは遅すぎる!―内定を勝ち取るための、大学1‐2年生の過ごし方

電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

就活は3年生からでは遅すぎる!―内定を勝ち取るための、大学1‐2年生の過ごし方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492223178
  • NDC分類 336.42
  • Cコード C0036

内容説明

就職氷河期が常態化する中、就職浪人すると就職活動がますます苦しくなる厳しい現実をレポート。「1~2年生でやっておくべき5つのポイント」など、新卒で内定を獲得するための準備の仕方をじっくり解説する。

目次

序章 あまい期待は捨てろ!まだまだ続く就職氷河期―就職率が回復しない4つの理由
第1章 今こそ勝負!1~2年生でやっておくべき5つのポイント―今から準備してライバルに差をつけよう
第2章 就活の常識を疑え!資格、サークル、バイト、ボランティアは評価されるのか?―学生として当たり前のことをするのが内定への近道
第3章 先手必勝!就職試験にはこうして備える―よく聞くエントリーシート、自己分析、SPIとは?
第4章 意外に大事!志望企業のオプションを広げる―企業を見分けるポイントとは?
第5章 アッと言う間に始まる!就活スケジュールの建前と実際―就活のスタートは3年生の5月
終章 就職浪人は勧められない!だからこそ1~2年生のうちから準備しよう―浪人すればするほど苦しくなる
特別付録 企業研究の取っておきのポイント

著者紹介

田宮寛之[タミヤヒロユキ]
1963年東京生まれ。1987年明治大学経営学部卒業後、ラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)入社、東証記者クラブで株式、債券、為替などのマーケット取材を担当。1991年退社し米国ウィスコンシン州ワパン高等学校「Japanese class」の教員となる。1993年東洋経済新報社に入社。自動車、生保、損保、食品、住宅、百貨店、スーパー、コンビニエンスストア、外食などの取材を担当し、『会社四季報』『就職四季報』などに執筆する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)