政官スクラム型リーダーシップの崩壊

個数:

政官スクラム型リーダーシップの崩壊

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 07時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 299,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784492211854
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C3031

内容説明

政と官の適切な関係を問い直す。政権交代の中で、政策の質と、その円滑な実施をどう確保するか。

目次

第1章 「政官スクラム型リーダーシップ崩壊」仮説
第2章 省庁官僚の活動量の後退
第3章 省庁官僚の政治変化と省庁官僚制:政治的中立化
第4章 自民党における組織規律の後退
第5章 「国会議員の行動の独立化」仮説
第6章 政官スクラムと団体
第7章 「政官スクラム」の地方的基礎の変容
第8章 政官スクラムの影響力の盛衰と類型
第9章 政治とテクノクラット

著者等紹介

村松岐夫[ムラマツミチオ]
学習院大学法学部教授、京都大学名誉教授。1962年京都大学法学部卒業。京都大学法学博士。京都大学大学院法学研究科教授等を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kenji Suzuya

0
自民党と官僚組織の協調を「政官スクラム型リーダーシップ」として特徴づける。自民党結党当初は党組織の統治確立および選挙基盤の構築のために官僚組織への広範な委任が行われたが、1962年以降与党審査制の導入を皮切りに政党が政策づくりに密接に関与する体制が作られる。しかし1993年の下野以降関係は変質し、従来の協力体制は崩壊した、と主張する。全体を貫く難点として、「政官スクラム型リーダーシップ」というキーワードが明確に意味付けされないままに曖昧に用いられていたために論旨が不明確になり過ぎていたことが挙げられる。2015/12/24

denken

0
まず自民党(個々の議員)は支持組織をつくる必要があった。そのために政策は官僚に委任しておいた。ならば官僚主導かというと,ところがどっこい与党審査があるので,政党主導だ。政党も官僚もお互いの出方を予測しつつ動いていたが,自民党の下野を境に,お互いの信頼関係が崩れた。自分の語彙はまだまだ足りないなと思い知らされる一冊なのでした。カタカナ難しいです。2010/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/600147

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。