グロービス流ビジネス勉強力

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

グロービス流ビジネス勉強力

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 189p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784492045695
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C3034

内容説明

8万人のビジネスパーソンと向き合ってわかった結果を出す人の学びのコツ57。

目次

1 「学びのサイクル」の全体像―Learning‐Cycle(キャリアを考える、そして何を学ぶのかを決める・見定める;インプットする;次のために振り返る;アウトプットする;フィードバックを受ける)
2 インプットする―Input(「本」からインプットする;「本以外の媒体」からインプットする―新聞・雑誌/インターネット/テレビ・映画;「経験」からインプットする)
3 次のために振り返る―Reflection(振り返る目的を意識する;振り返る時間軸・タイミングを意識する;振り返る目的を場所する;振り返る相手を意識する;振り返る方法を意識する)
4 アウトプットする―Output(自分のためにアウトプットする;誰かに向けてアウトプットする)
5 フィードバックを受ける―Feedback(姿勢・マインドを変える;行動を変える)

著者等紹介

田久保善彦[タクボヨシヒコ]
株式会社三菱総合研究所を経て、現在、グロービス経営大学院経営研究科研究科長。慶應義塾大学理工学部卒業、同大学院理工学研究科修了。スイスIMD PEDコース修了。経済同友会幹事、経済同友会教育改革委員会副委員長(2013年度)、ベンチャー企業社外取締役、顧問、NPO法人の理事等も務める

荒木博行[アラキヒロユキ]
グロービス経営大学院経営研究科副研究科長。慶應義塾大学法学部卒業、スイスIMD BOTコース修了。住友商事株式会社を経て、グロービスに加わり、法人向けコンサルティング業務に従事。現在は、オンラインMBAにおけるマネジメント業務等を行う傍ら、戦略系、および思考系科目の教鞭を執る

村尾佳子[ムラオケイコ]
グロービス経営大学院経営研究科副研究科長。関西学院大学社会学部卒業、大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策修士。グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了。大手旅行会社、総合人材サービス会社を経て、現在グロービスにて事業戦略、マーケティング戦略立案全般、そして大阪校、名古屋校のマネジメントに携わる傍ら、マーケティングや志領域の教鞭を執る。また社外取締役や理事として関与しながら、ベンチャー企業、NPOの育成にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

学び方にはコツがある。8万人のビジネスパーソンと向き合ってわかった、いま成果を出し、10年後にも通用する学び方の技術

× 仕事をしているから勉強する時間がない
○ 勉強していないから仕事の時間が長くなる

8万人のビジネスパーソンと向き合ってわかった
結果を出す人の「学びのコツ」57

□本の種類(ビジネス書、小説等)により読み方を変えている
□経験から学ぶ方法を自分なりに確立している
□感情とファクトを切り離して考えられる
□5年後、自分はどこで働いているか明確なイメージがある
□状況に応じて、フィードバックを求める人を使い分けている

以上のチェックが少ない方は伸びしろがあります!

「何を学ぶか」<「どう学ぶか」。
“学びのプロ”がおくる「仕事で使えるスキル」を磨く教科書!

Learn how to Learn!

CHAPTER1 「学びのサイクル」の全体像
CHAPTER2 インプットする
CHAPTER3 次のために振り返る
CHAPTER4 アウトプットする
CHAPTER5 フィードバックを受ける

【著者紹介】
グロービス経営大学院(グロービスケイエイダイガクイン)
社会に創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービスの各活動を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。グロービスには以下の事業がある。(http://www.globis.co.jp/)

●グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京)
●グロービス・コーポレート・エデュケーション
(法人向け人材育成サービス/日本・上海・シンガポール)
●グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
●グロービス出版(出版/電子出版事業)
●「GLOBIS知見録」(ビジネスを面白くするナレッジライブラリ)
その他の事業: 
●一般社団法人G1サミット(カンファレンス運営)
●一般財団法人KIBOW(震災復興支援活動)