子どもを育てる五感スクール―感覚を磨く25のメソッド

個数:
  • ポイントキャンペーン

子どもを育てる五感スクール―感覚を磨く25のメソッド

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 09時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 126p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784491021867
  • NDC分類 375

内容説明

私たちの五感というセンサーは使うことでどんどん磨かれていきます。五感を使って、感覚を磨き、世界を広げて、子どもたちに豊かな体験してもらいましょう。

目次

1 「五感力」を育てるメソッドを子どもの世界に組込む―「感覚的五感」が「五感」を育てる(「五感」を拓く―学校・家庭・地域の現場から)
2 ワークショップで「五感力を育てるメソッド」を学ぶ(「嗅覚」を使ったメソッド;「触覚」を使ったメソッド;「聴覚」を使ったメソッド;「味覚」を使ったメソッド;「視覚」を使ったメソッド)
3 五感の故郷を探る(「五感の履歴」をたどるメソッドに取り組もう)
4 新聞を活用して「五感力」を育てる(記事から取材して「五感力」を育てる;記事を読みながら「五感力」を育てる;「五感」でニュースのスケッチ)
5 「五感力を育てる」空間を訪ねて(匂いのグラデーションを感じる散歩“谷津バラ園~谷津干潟”;「見る」を楽しむ“静岡科学館「る・く・る」”;平衡感覚、触覚を揺さぶる「養老天命反転地」;かすかな音に耳を澄ます「バードウォッチング、虫ききの会」;舌で味わい分ける「デパ地下、フードテーマパーク」)

著者紹介

山下柚実[ヤマシタユミ]
ノンフィクション作家。五感生活研究所代表。1962年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。身体と社会との関わりに関心を持ち、美容整形、エイズ問題、五感などをテーマに取材。『ショーン 横たわるエイズ・アクティビスト』で、第一回小学館ノンフィクション大賞優秀賞。新聞や月刊誌にルポルタージュやコラムなどを精力的に執筆している。五感生活研究所の活動として、五感をいきいき使うための情報を提供する講演やワークショップに取り組む。メールマガジン『月刊五感生活/ゴカンノサイジキ』も発信中

岸尾祐二[キシオユウジ]
聖心女子学院初等科教諭。日本NIE学会常任理事。日本NIE研究会幹事。神奈川県生まれ。立教大学大学院教育学専攻博士課程前期課程修了。米国、英国、スウェーデン、ノルウェー、オーストラリア、韓国のNIE活動を視察。サンフランシスコ、ストックホルムで開催されたNIE国際大会に参加。asahi.comで「この記事を手がかりに」「ののちゃんのDO科学」「家族で学びあうファミリーフォーカス」を連載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)