公教育の原理―多文化社会の公教育 (改訂)

個数:

公教育の原理―多文化社会の公教育 (改訂)

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784491019802
  • NDC分類 371

内容説明

子どもはなぜ学校に行かなければならないのか。なぜ教育を受けなければならないのか。人間の歴史において、子どもは、とくに庶民の子どもは、長いあいだ学校に行かずに大人になった。誰もが学校に行くようになったのは、近代以降のことである。子どもは必ず教育を受けなければならないという考え方は、近代啓蒙思想とともに始まった。だから、この思想とその展開のなかに、上の問いに対する答えを、あるいは少なくとも答えのヒントを、見いだすことができるはずである。本書は、その試みである。

目次

第1部 国際化時代の公教育(教育基本法の公教育の理解;近代公教育の原理;国民教育の展開;国際化時代の公教育;我が国の公教育―過去と現在;我が国の公教育―将来)
第2部 教育目的の探求(教育基本法の教育目的;啓蒙思想の教育論;デュルケムの教育論;ポパーの知識理論;人格の完成をめざす教育)

著者紹介

中村清[ナカムラキヨシ]
1942年生まれ。1972年大阪大学大学院文学研究科博士課程単位修得退学。現在、宇都宮大学教育学部教授。専攻は、教育哲学、教育社会学