環境問題最前線

個数:

環境問題最前線

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 197p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784491017129
  • NDC分類 519
  • Cコード C0040

内容説明

砂漠化、温暖化、森林の消滅、酸性雨、オゾンホールの拡大―。これらは、地球と人間にどのような影響をもたらすのであろうか。本書は、こうした地球の現状を九つの視点からとらえ、図版・写真をもとにわかりやすく解説した。

目次

1 いま、地球があぶない
2 暖かくなる地球
3 国境を越える酸性雨
4 破壊されるオゾン層
5 森林の減少と砂漠化
6 広がる化学物質の被害
7 大気や水の汚れ
8 増大する廃棄物と処理
9 その他の環境問題

著者紹介

古川清行[フルカワキヨユキ]
大正14年、東京都に生まれる。東京第一師範学校を経て昭和25年、東京理科大学史学科卒業。東京学芸大学附属竹早小学校教諭・東京都豊島区教育委員会指導主事・東京都教育庁指導部指導主事・東京都立教育研究所主任指導主事を歴任。東京都中央区立城東小学校校長を最後に退職。武蔵野短期大学講師。現在、教育活性化センター代表