• ポイントキャンペーン

子どもが輝く国語科授業 話すこと・聞くこと編―生きてはたらく言葉の力を身につけるために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 183p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784491017082
  • NDC分類 375.82

内容説明

著者らは、“子どもが輝く国語科授業”はどうあればよいかをテーマにし、研究と実践を重ねてきた。本書は、新学習指導要領の全面実施を前に、一応の区切りとしてまとめられたシリーズの1冊。本書では、『話すこと・聞くこと』で、どのような力を、どのようにつけていくかを熟慮して授業を実践し、これらをふまえて、より研究に役立つようにまとめた。

目次

第1章 話すこと・聞くことの指導の基本理念(「話すこと・聞くこと」の指導の基本理念;「話すこと・聞くこと」の学習指導の課題)
第2章 「話すこと」の実践例(第1学年・わたしがつくったカレンダー;第2学年・話のプレゼント「みどりとあそぼう」 ほか)
第3章 「聞くこと」の実践例(第1学年・楽しく大きな声ではっきりと話そう;第2学年・順序を考えながら聞こう「お絵かきゲーム」 ほか)
第4章 「話し合うこと」の実践例(第1学年・わたしの宝物―「わたしの宝物」をみんなの宝物に!;第2学年・本はともだち―心にのこったところをみんなで話し合おう ほか)
第5章 総合的な扱いによる実践例(第1学年・きいて!おしえて!夏のできごと―帯単元「みんなに話そう」より;第4学年・知らせよう―ニュースの時間です ほか)

著者紹介

中山厚子[ナカヤマアツコ]
1945年、静岡生まれ。埼玉大学教育学部中学校課程国語専攻卒業。浦和市内の小・中学校を経て、浦和市立教育研究所指導主事、北足立南部教育事務所主任指導主事、志木市・蕨市立小学校長を経て、現在、さいたま市立南浦和小学校長。日本国語教育学会常任理事