江戸の医療風俗事典

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784490105612
  • NDC分類 490.21
  • Cコード C1547

内容説明

庶民はどんな手立てで病気に立ち向かったか!漢方・蘭方の売薬から、名医・藪医者・取上婆、呪いなどの神頼みまで、庶民の医療事情を満載。

目次

江戸にも四百四病あり
はやり病に苦しむ庶民
御抱医者から代脈まで
多彩な江戸の民間療法
江戸で人気の売薬風景
いちどは試したい生薬
隠れたブームの養生食
呪いと厄除けと神頼み
いまに伝わる医家たち

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

0
病気ごとに治療法や当時の医者はこんなでしたというような様子が項目ごとに分けられていて読みやすかった。当時の治療法に関する川柳なんかも書かれていたので納得しながら読めました。憑き物の話なんかも載っていて俗信と医療の入り混じった不思議な時代だなと感じた。2013/05/03

かめかめ

0
日曜劇場のJIN~仁~は終わってしまいましたね。奇想天外な設定がおもしろいドラマでした。 この本には江戸の医療や健康などについて書かれています。脚気やコレラ(コロリ)などドラマで取り上げられた話題についても書いてあります。 綾瀬はるか、よかったなぁ!2011/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2421269

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。