創元文芸文庫<br> 流浪の月

個数:
電子版価格 ¥799
  • 電書あり

創元文芸文庫
流浪の月

  • ウェブストアに190冊在庫がございます。(2022年05月20日 20時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 355p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488803018
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

映画化決定!!
監督:李相日
主演:広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子ほか出演
2022年公開予定

2020年本屋大賞受賞作
愛ではない。けれどそばにいたい。
新しい人間関係への旅立ちを描いた、
息をのむ傑作小説。

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

内容説明

家族ではない、恋人でもない―だけど文だけが、わたしに居場所をくれた。彼と過ごす時間が、この世界で生き続けるためのよりどころになった。それが、わたしたちの運命にどのような変化をもたらすかも知らないままに。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい―。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。本屋大賞受賞作。

著者等紹介

凪良ゆう[ナギラユウ]
滋賀県生まれ。2007年、『花嫁はマリッジブルー』で本格的にデビュー。以降、各社でBL作品を精力的に刊行。巧みな人物造形や展開の妙、そして心の動きを描く丁寧な筆致が印象的な実力派である。19年に刊行した『流浪の月』が、多くの書店員の支持を集め、2020年本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あきら

191
とても面白かったです。 人、社会への関わり方、接し方を改めて考えることになる。 自分以外のことって分からない。 優しい人からの優しい言葉に応えられない主人公にもどかしさを感じた自分から、強くそれを感じる。 幸せになってほしい、と思ってしまうこと自体もそういうことなんだろう。 2022/03/11

yoshida

159
互いに苦しみを抱えた青年と少女。青年が少女に差し伸べた手。それは少女への救済の手であり、青年自身への救済の手でもあった。卑劣な親族の行動があり、家に帰りたくない少女。2人の過ごす時間は、世間には事件として捉えられる。警察に捕まり誤解は事件として、世間では真実として認識される。互いが救いであった2人が15年の年月を経て奇跡的に再会する。そこから訪れる束の間の安息と波乱。真実とは何か。世間で流布されていることが真実とは限らない。2人は流浪する。2人の真実を互いに理解しながら。引き込まれる魅力を持つ確かな力作。2022/04/10

ponpon

154
2020年本屋大賞受賞作。両親と死別し身を寄せた叔母宅で従兄弟からの性的暴行に耐えかねていた9歳の更紗を招き入れた文。2人は意に反し誘拐犯と被害者とされる。15年後、奇跡的に再開した2人に絡みつく善意という名の干渉と無思慮な好奇心。他者の捉える認識と自分らの認識相違に苦しめる2人。周囲の人物はこれでもかと害毒を流し込んでくる中で、お互いがいれば生きていける。幼少期のトラウマか声を上げることが出来ないもどかしさはあるが、2人が漸く見出した安住の地ということか。エロス皆無でも、ねっとりとして大満足の一冊。2022/03/16

H!deking

106
うー、素晴らしい作品でした。うちも娘がいるので、ロリコン性犯罪者は〇ねって常々思っています。金〇取って自衛隊に行け!って。それは別として、ニュースとかインターネットの情報ってやっぱり怖いなー。色々考えさせられました。この作品は面白い小説の要素が山ほど詰まっていますね。映画版のキャストも好きなのばっかりなので観に行くと思います。いやー面白かった!2022/03/15

肉嬢★

92
映画化されるのを知り予告を観て気になり購入しました。更紗の幼少時代、大人になっても彼氏からのDV…。もう少し幸せな人生を送らせてあげてー!と途中思いながら読んだけど、更紗と文は15年経った後も同じ事を思っていた事を知り何か安堵感✿人には、それぞれ人には言えない言いたくない関係性があると思うけどお互いがお互いを必要としてるのなら良いのではないかと思う。2022/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19172950

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。