創元推理文庫<br> 失われたものたちの本

個数:
電子版価格
¥1,300
  • 電書あり

創元推理文庫
失われたものたちの本

  • ウェブストアに220冊在庫がございます。(2024年04月19日 22時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 445p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488517069
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

母親を亡くし、本の囁きが聞こえるようになった12歳のデイヴィッドは、死んだはずの母の声に導かれて幻の王国に迷い込んでしまう。狼に恋した赤ずきんが産んだ人狼、醜い白雪姫、子どもをさらうねじくれ男……そこはおとぎ話の登場人物や神話の怪物たちが生きる、美しく残酷な物語の世界だった。デイヴィッドは元の世界に戻るため、『失われたものたちの本』を探す旅に出る。全米図書館協会アレックス賞受賞の本にまつわる異世界冒険譚、文庫化!

内容説明

母親を亡くして孤独に苛まれ、本の囁きが聞こえるようになった12歳のデイヴィッドは、死んだはずの母の声に導かれて幻の王国に迷い込む。赤ずきんが産んだ人狼、醜い白雪姫、子どもをさらうねじくれ男…。そこはおとぎ話の登場人物たちが蠢く、美しくも残酷な物語の世界だった。元の世界に戻るため、少年は『失われたものたちの本』を探す旅に出る。本にまつわる異世界冒険譚。

著者等紹介

コナリー,ジョン[コナリー,ジョン] [Connolly,John]
1968年アイルランド生まれ。犯罪小説、ホラー、ファンタジーなどを執筆。ダブリン大学およびダブリンシティ大学で学んだ後、フリーのジャーナリストとして活動。1999年のデビュー作『死せるものすべてに』はシェイマス賞を受賞したほか、ブラム・ストーカー賞とバリー賞にノミネートされた。『失われたものたちの本』で全米図書館協会アレックス賞を、2014年に“The Caxton Private Lending Library&Book Depository”でアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞とアンソニー賞の最優秀短編賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

78
いきなり異世界に放り込まれることに慣れた身(笑)には、導入の丁寧な運びがくどくどしくて捗らない。母を亡くした少年がエヴァのシンジ君みたいに自己中で鼻につくが男の子とはこういうもの、だがしかし物語が進み出すとエロチックで残酷なホラーともまがう展開が好ましい。暗黒の塔ならぬ茨の城を目指す騎士ローランドに付き添われ少年が目覚ましく成長する様は前半ゆえの伸びしろで、経験は勇気を育てやがて人生の選択を知る。蛇足にも感じる物語のその後を経て訪れる本当の物語の結末は…2021/06/06

cinos

61
ダークファンタジーでところどころで語られる物語が実際のおとぎ話などと違っているのが不思議。解説を読んで納得しました。少年の成長物語ですが、ラストは感動しました。2021/11/16

くさてる

36
「君たちはどう生きるか」の元ネタ、ということで手に取りました。確かに、と思う部分はあれど、原作にはなり得ない違いも多く、映画とは関係なく面白く読みました。童話とファンタジー、グロテスクではあるけれど魅惑的なイマジネーションに溢れています。物語に耽溺した子供時代を過ごした人なら、ああ、と思うことも多いはず。そして、単なる良い話では終わらないあたりが、さらに良かった……と思っていたら、あのラスト。おすすめです。2023/08/03

Shun

33
母を亡くしたデイヴィッドの元に父は新しい母親と義弟を迎え、まだ無垢な少年デイヴィッドは孤独を感じると次第に周りの本の囁きが聞こえてきます。ある時異界の向こう側の母の声に導かれ、辿り着いたそこは幼い頃読み親しんだ絵本や童話が現実となった世界でした。元の世界に戻るため、王国にある「失われたものたちの本」を探す旅が始まる。旅の途中では人狼やトロルを振り切り、醜い白雪姫との出会いや騎士物語のような体験等、様々な経験を経て世界の真実を目にする。物語が内包する不思議な力が少年を男へと成長させるような素敵な物語でした。2021/03/18

ショア

32
ジブリ新作映画「君たちは-」の原作との噂を聞き手に取る。 思春期の読書好きな少年が有名童話の世界に迷い込み精神的に成長する異世界系だが結構描写がダークホラーな冒険ファンタジー。なんとなく宮崎駿氏が好きそうなモチーフを感じる。 戦闘殺戮の描写がリアルで児童文学としてはR指定したくなる。ねじくれ男が人間の欲や罪深い真理を原液のまま吐露する様はなかなかに醜悪。中弛みするが最後は奇譚感があり一気読み。400p超で読み応えもあった。巻末のシンデレラAバージョンがフフフ2023/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17517226
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。