創元推理文庫<br> 黒百合

個数:
電子版価格 ¥621
  • 電書あり

創元推理文庫
黒百合

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年10月16日 09時51分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488460051
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

六甲の山中にある、父の旧友の別荘に招かれた14歳の私は、その家の息子で同い年の一彦とともに向かった池のほとりで、不思議な少女・香と出会った。夏休みの宿題のスケッチ、ハイキング、育まれる淡い恋、身近な人物の謎めいた死──1952年夏、六甲の避暑地でかけがえのない時間を過ごす少年ふたりと少女の姿を瑞々しい筆致で描き、文芸とミステリの融合を果たした傑作長編。解説=戸川安宣

内容説明

六甲の山中にある、父の旧友の別荘に招かれた14歳の私は、その家の息子で同い年の一彦とともに向かった池のほとりで、不思議な少女・香と出会った。夏休みの宿題のスケッチ、ハイキング、育まれる淡い恋、身近な人物の謎めいた死―1952年夏、六甲の避暑地でかけがえのない時間を過ごす少年ふたりと少女の姿を瑞々しい筆致で描き、文芸とミステリの融合を果たした傑作長編。

著者等紹介

多島斗志之[タジマトシユキ]
1948年生まれ。早稲田大学卒。82年、多島健名義で執筆した「あなたは不屈のハンコ・ハンター」で第39回小説現代新人賞を受賞。85年『“移情閣”ゲーム』(別題『龍の議定書』)で本格的にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

429
面白かった。作品世界内では浮かび上がってこない裏側を読者にだけ突きつけるというのか、某有名作を連想したという声も多いのも理解出来る。インパクトと分かりやすさでそちらの作品に軍配が上がるかもしれないが、細かい作り込み方や世界観自体で、私はこちらの方が好きだった。文章や頁数から、本当にこの時代に描かれた作品なのかと思っていたが、発表が2008年というところが驚き。創元文庫は昔の作家率が高いという固定概念を持っていたせいもあるが。作者自身はかなりのベテランのようで、まだまだ未開拓の領域も広いと再認識。2017/04/06

しんたろー

185
多島斗志之さん初読み。少年二人&少女一人のひと夏の青春物語…だと思って読んでいたら、ミステリの嵐が終盤にドッと押し寄せて慌てて読み返し…叙述トリックだらけに納得。多少強引な伏線の回収や題名がヒントになり過ぎているのでミステリとして手放しで賞賛はできないが、六甲やドイツのノスタルジックな描写、思春期の恋心、昭和初~中期の世情など、素敵な雰囲気が満載されていて好きな世界観だった。230ページの中編なので文章も平易なのでサクサク読めるが、アチコチに張ってある伏線に気が付けば、更に深く楽しめると思う。2017/11/19

nobby

159
読了後の第一声は“脱帽”。何かあるの情報に身構えて読み進める。14才の少年少女の一夏の恋物語、そこに挟まれる様々な過去エピソードに、頭の中で時系列や人物関係を充分に整理して伏線もたっぷり気付いてたつもり。毎度ながら浅はかに予測組み立てて迎えたラスト。最終章に入って見事にハズレは想定内(笑)あらためて気になってた事柄の絡め方が秀逸。文庫250頁でのコンパクトさを満喫していたら、まさに驚愕の最後5ページで全部ひっくり返された!いやもう手にした瞬間から示されてたんだなぁ…2017/04/19

三代目けんこと

123
「創元推理文庫」第3弾は、2016年『おすすめ文庫王国』第1位の多島斗志之本。帯に書かれていたとおりラスト5ページで見えてた景色が、がらりと反転したラスト。理解が追い付かない部分があったが、他の方のネタバレ解説で納得。悔しいが完敗です。では次へ…。2021/07/24

藤月はな(灯れ松明の火)

111
名前だけは知っていたけど、初めての多島斗志之作品。幼い時に六甲での淡い初恋。仄暗い香の出生がありつつも少年たちのノスタルジックな三角関係を微笑ましく、見ていたら・・・。真相を知ると、ラジオ番組『君の名は』に夢中な香の叔母の気持ちに切なくなってしまいます。でもこれは彼らにとっては知らないままが良かったと心から思います。美しい思い出は美しいままで。それくらいはいいでしょ?2017/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9789486

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。