創元推理文庫
白楼夢―海峡植民地にて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 367p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488460044
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

1920年代の英国領シンガポール。様々な勢力が入り乱れる街で顔役として名を馳せる青年・林田は、大物華僑の娘・呂白蘭殺害の容疑者として、警察と呂一族双方から追われる身となる。林田は執拗な追跡をかわしつつ、己を陥れた黒幕を捜す決意を固める。追う者と追われる者、各々が見出す驚愕の真相。鮮やかなどんでん返しが相次ぐ、ミステリの名手が趣向を凝らした逸品、初の文庫化。

著者等紹介

多島斗志之[タジマトシユキ]
1948年生まれ。早稲田大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

山田太郎

10
ケインの部下の警官と林田の用心棒とかなんか脇役が素敵です。地味だけどおもろい2010/11/29

奈生

3
多島氏の作品は初読。たまたま手に取ったのだけれど、かなり面白かった。シンガポールを舞台に、無実の罪で追われる林田を中心に過去と現在が交差しつつ、事件の真相とそれにからむ国同士の思惑。文章は淡々と進むが、先が気になって読んでしまった。他の作品も読もう。2014/02/07

アーノルド

2
著者6作品、7冊目 1920年代の英国領、シンガポール あまり馴染みのない時代背景とロケーションなのですが、冒頭から惹き付けられる あれよあれよという内に街の顔役に祭り上げられた青年が、あらぬ罪を着せられ、一転犯罪者として追われる羽目に… 警察と被害者一族、そのどちらに捕まっても命がない状況で、身を隠しながら罠に嵌めた相手を探る 勿論その裏には思いも寄らない企みが… 支配者と、被支配者の運命を痛感する物語です 2020/10/22

2
なるほどぉ~、割とあっさりした読み応えで、ちょっと物足りないけどなかなか面白かった。ミステリィ的要素と冒険モノ的要素が入った話で、男のロマンをかきたてられる(?)小説だった。ちょっと前の時代の東南アジアが舞台で、個人的には苦手な設定だったけど、読みやすかった。主人公の林田が成り上がっていく姿はワクワクした。林田は良くも悪くも書かれていず、これといった人物に描かれていないが、魅力があった。大きな疑問も残ったけど、上品で、読みやすく、わかりやすくて良かった。2018/05/30

Look

2
素晴らしく面白くて、一気読みしてしまった。冒頭からいきなり事件が始まり、過去と現在がカットバックで描かれる構成が秀逸。過去だけ、現在だけで読んでも十分面白い、というのがすごい。ミステリ、一代記(というには短いけれど)、恋愛小説としても秀逸。白蘭のキャラがいい。しかも、それがミステリ部分とも結びついているのが、なおいい。いや、素晴らしい作品だった。2013/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/453099

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。