創元推理文庫
真説ルパン対ホームズ―名探偵博覧会〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 422p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488456016
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

一九〇〇年、十一年ぶりの万博に沸き返るパリ。身に覚えのない窃盗の罪を着せられた若き日のアルセーヌ・ルパンは、己が名誉を守るべく真犯人を捜し出す決心をする。時同じくしてパリを訪れたのは、かの偉大なるシャーロック・ホームズ!怪盗と名探偵が密室から消失した仏像の謎と盗まれたフィルムの行方に迫る。古今東西の名探偵が難事件に挑む、傑作揃いのパスティーシュ集。

著者等紹介

芦辺拓[アシベタク]
1958年大阪府生まれ。同志社大学卒。86年「異類五種」で第2回幻想文学新人賞に佳作入選し、90年には『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

66
名探偵博覧会その1。短編集。古典探偵(国内は少なめ)のパスティーシュ。表題作や七つの心を持つ探偵なんかがイイ。2014/09/30

セウテス

59
名探偵博覧会Ⅰタイトルのアルセーヌ・ルパンとシャーロック・ホームズの他、懐かしい名前の並ぶパスティーシュ七作品です。最初はルパンとホームズに、島田荘司を一寸。「大君殺人事件」は、フィロ・ヴァンスの作品をベースに、ヴァン・ドゥーセン教授とネロ・ウルフ、クイーン親子までも。「ホテル・ミカドの殺人」はチャーリー・チャンやサム・スペード、特別出演の誰かも登場します。ミステリーの出来云々は他にやって、素直に懐かしむべき。彼らを知っていると、至る所に仕掛けられたミステリーだけが持つ洒落た世界を、より深く堪能出来ます。2015/11/20

ジュール リブレ

12
ルパン対ホームズのストーリーかと思ったら、いろんな探偵が揃い踏み。着想は面白いけど作品ごとのタッチの違いが気になったかな。2010/10/31

gonta19

10
2007/5/26、住吉のジュンク堂で購入 2010/8/5〜8/9 古今東西の名探偵が登場するパスティーシュ集。 タイトルにもなっているホームズとルパンの共演作は見事。昔、どちらのシリーズも熱心に読んだ人間としては堪えられないものがある。  ほかの作品も明智小五郎やファイロ・バンス、サム・スペードら錚々たるメンバーが登場する。明智小五郎はともかくとして、読んだことのない探偵の作品はちょっとつらかった。2010/08/09

やんも

5
正直いえば読み手を選ぶ作品。パスティーシュ、パロディを楽しむにはある程度知識が必要とされる。表題作のるルパンとホームズは世界的にメジャーだがその他の作品ではヴァンス、スペード、ヴァンドゥーゼン、ウルフ、チャン等誰もが読んでいるとは言えない作品の名探偵たちが登場する。彼らの登場を笑って楽しめる人ならば手に取ってOK。彼らの登場に重心が置かれているのでトリックに関してはちょっと物足りない。短篇が中心であるしね。また彼らの名前を知って原作を読むのも楽しい。ネタバレになるが、彼らの解説もつけてほしかった。2016/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/412588

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。