創元推理文庫<br> 赤ちゃんをさがせ

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

創元推理文庫
赤ちゃんをさがせ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 326p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488431020
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

三人の妊婦が妻として登場した家で始まった本妻捜し。女子高生の出産騒動。次々キャンセルされる依頼の謎。自宅出産専門の出張助産婦コンビが向かう先は、何故かおかしな謎を抱えた家庭ばかり。それらの謎を鮮やかに解き明かすのは、「伝説のカリスマ助産婦」明楽先生!見習い助産婦・陽奈の成長と安楽椅子探偵の冴え渡る推理を描く、爽やかなユーモアに満ちたシリーズ第一弾。

著者等紹介

青井夏海[アオイナツミ]
千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。94年、『スタジアム虹の事件簿』を自費出版
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみきーにゃ

52
《図書館》出産に関する(?!)ミステリもの。カルトのお話も絡んでる赤ちゃんをさがせが一番好み。聡子さんの最後の結末にはちょっとガッカリ。2015/01/12

nyanco

27
青井さんは、最近の作品はいくつか読ませていただいていたのですが、このシリーズ、気になっていたものの未読でした。今月、第三弾が出るということで読みだしたのですが、コレはハマるわw助産師が探偵役のミステリーって珍しいよね。おまけに安楽椅子探偵役・「伝説のカリスマ助産婦」明楽先生の設定も凄くいい。敢えて自宅出産を望む人たち、そこには様々な理由があって・・・と、助産師の設定を見事に使っている。シリーズ、遅ればせながら追わせていただきます。2012/04/17

うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)

23
3人の妊婦さんの中から本妻を探す「お母さんをさがせ」。高校生カップルの妊娠。そして彼氏以外に2人のお父さん候補が押しかけて来る「お父さんをさがせ」。依頼のキャンセルが相次ぐ「赤ちゃんをさがせ」助産婦探偵シリーズ第1弾。全体的にサラリと読めました。助産婦さんが探偵というのがなかなか新鮮で面白かったです。こういったケースは本当に稀だとは思いますが、この本を読むと日常に謎は転がっているものだなと思いました。続編もあるようなのでそちらも読みたいです。★★★2011/08/24

カーミン

22
「殺人や死体という言葉が出ないサスペンス」で検索したらヒットしたので、早速読んでみました。短編3作ですが、レビューがよかったにも関わらず、ちょっと物足りなかったです。謎があまりにもさっさと解けてしまうからかしら。自宅出産専門の出張助産師が仕事を請け負った家々は、なぜか奇妙な事情を抱えたお宅ばかり。フリーの助産師聡子と見習い助産師陽奈が出会う謎を、明楽先生が次々と解いていきます。2017/10/14

らむり

16
2013年の記念すべき1冊目。20〜30代くらいの出張助産師2人と現役引退した助産師の3人が主人公のミステリーです。連作短編集で、どれも家族問題が関わっています。助産師が素晴らしいお仕事と感じる一冊です。2013/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。