創元推理文庫<br> ハルさん

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

創元推理文庫
ハルさん

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月24日 13時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 342p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488414115
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

結婚式の日、お父さんのハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を――児童文学の気鋭が、頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿を優しく綴った快作!

内容説明

(瑠璃子さん…今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。まさか、この僕が「花嫁の父」になるなんて…)結婚式の日、ハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を。心底困り果てたハルさんのためにいつも謎を解き明かしてくれるのは、天国にいる奥さんの瑠璃子さんだった―児童文学の気鋭が、頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿を優しく綴った快作。

著者等紹介

藤野恵美[フジノメグミ]
1978年大阪府生まれ。2003年、第20回福島正実記念SF童話賞に佳作入選、翌04年に『ねこまた妖怪伝』で第2回ジュニア冒険小説大賞を受賞しデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

440
何という美しい物語だろう。そしてこれが間違いなくミステリでもあるという奇跡。ひとり娘が結婚式を迎える日、父のハルさんの胸に去来する五つの回想。幼稚園から大学までのふうちゃんの成長が走馬灯のように思い出され、しかもその時必ず、亡くなった妻、ふうちゃんのお母さんと対話するハルさん。この時間の流れと似たような感覚は、あの『チップス先生さようなら』にも似て、あっという間に読んでしまった。読み終わるのが惜しくなる。そんな一冊。2017/04/04

三代目 びあだいまおう

374
『今日、私たちの大切な娘がお嫁に行くよ」主人公ハルさんが、天国にいる妻の墓前に報告するシーンから始まる。妻を亡くした時娘はまだ幼稚園。以降ふうちゃんを大切に育ててきた。愛情は溢れるほどあれど父親はあまりに頼りない。まして母親役など。結婚式直前に浮かぶ娘と過ごした大切な思い出。時にふうちゃんは泥棒呼ばわりされたり、突然行方不明になったり…。困った時いつも奇跡を起こし助けてくれたのは最愛の…。相手を思う気持ちが強ければどんなに遠く離れていても関係は変わらない。そう、たとえ相手がこの世にいなくとも...‼️🙇2020/09/26

しゅわ

276
【図書館】妻を亡くした…ちょっと頼りない人形作家・ハルさんとシッカリ者の娘・ふうちゃんの物語。幼稚園の消えた卵焼き、小学生夏休みの失踪、中学生の涙の理由、高校生のサンタ捜索、大学生の人形の家・すりかえ?事件…小さな5つの謎を解決します。成長する娘に戸惑いつつ温かく見守る父親と、その時の受け答えがラストの結婚式に集約、一番大きな謎「ふうちゃんは何故この人を選んだのか?」に繋がる構成は見事。前評判がとてもよく期待しすぎたのかな?ちょっと物足りない感があったのも事実ですが、ほんわかした物語で心温まりました。2014/02/26

キングベルⅩ世

225
娘のふうちゃんの成長を人形作家の父・ハルさんが過去の謎とともに回想するのが大まかな流れ。探偵役は「それってアリなの?」って感じではあるが、他に適当な人物がいないもんなぁ。ハルさんのナヨっぷりには時折イラついたけど、ふうちゃんへの溺愛っぷりは微笑ましい。というかふうちゃんが本当に健気な良い子でたまらん。こっちも父になった気分なので現在の結婚式では完全に泣かされてしまった。波乱や悪意が全くないのもこの物語にはよく合ってる。2015/02/25

おしゃべりメガネ

223
良質な‘ほっこり’ミステリーを読むことができました。ミステリーといっても、ハラハラドキドキなサスペンスではなく、日常のちょっとした謎解きをゆったりと進めてくれるので、疲れることなくサッと読了できました。主人公「ハルさん」は娘「ふうちゃん」と二人暮らしで、娘が幼いころ奥さんとは生き別れにという設定です。娘の成長(幼児時代から結婚まで)をとてもシンプルな目線で描き、特に中学生の頃の話では思春期特有のココロの動きを見事に書いています。大学生の頃の「事件」は、とても気分が温かくなりました。ゆったりと読めますよ。2014/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6423801
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。