創元推理文庫<br> 短編ミステリの二百年〈5〉

個数:

創元推理文庫
短編ミステリの二百年〈5〉

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2024年02月26日 13時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 653p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488299064
  • NDC分類 908.3
  • Cコード C0197

出版社内容情報

巨大アンソロジー第5巻、小説はイーリイやトゥーイ等の短編巧者、グリーンやフレムリンなど英国の大物に加え、謎解きミステリの分野で独自の輝きを放った作家――ケメルマン、ヤッフェ、ポーター、ギャレットの傑作など多彩な全12編を収録。評論は一九六〇年代に第一線で活躍した作家の代表短編を論じつつ、007の大ヒットから発生したスパイ小説ブームを分析し、SFが隣接ジャンルとしてミステリに及ぼした影響をも考察する。

内容説明

第5巻にはイーリイやトゥーイといった短編巧者、グリーンやフレムリンなど英国の大物に加え、謎解きミステリの分野で独自の輝きを放った作家たち―ケメルマン、ヤッフェ、ポーター、ギャレット―の多彩な傑作、全12編を収録。評論では、1960年代に第一線で活躍した作家の個性を見極め、同時代の英国の状況や、スパイ小説ブーム、SFの影響など多岐にわたる話題を取り上げる。

著者等紹介

小森収[コモリオサム]
1958年福岡県生まれ。大阪大学人間科学部卒業。編集者、評論家、作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

97
この間の短編はヶメルマンの「9マイルは遠すぎる」くらいしか読んだことがなくあまりなじみのない作家が多かったように感じました。その中ではフレムリンという作家の「いつまでも美しく」が印象に残りました。小森さんの「短編ミステリの二百年」が約3分の1を占めていて前々から思っているのですが別の本で1冊で出してほしいと思いました。2021/10/30

cinos

66
「ある囚人の回想」初読でしたが、これはいいパスティーシュ。「隣人たち」の悪意。「さよなら、フランシー」のトリック。「破壊者たち」の徹底した崩壊。「いつまでも美しく」の毒。「不可視配給株式会社」のオチ。「九マイル」は何度読んでも最高。「ドーヴァー」の迷推理。「青い死体」のホワイダニット。どれも傑作ぞろいで、贅沢な短編集です。3分の1ページを占める口語体の解説も楽しく、一編読んで、それに関係する解説を読むといいです。2021/07/27

ネコベス

30
小森収氏による200ページ以上の評論と12篇を収めた短編集。比較的有名で既読の作品が多かったのが個人的には残念。新しく引っ越してきた住人と地元住民との確執を描いたデイヴィッド・イーリイ「隣人たち」、夫の愛を取り戻すために怪しげな医者を訪問した妻が知るブラックユーモアに満ちた真相を描くシーリア・フレムリン「いつまでも美しく」が良かった。2021/08/07

本木英朗

22
5巻では、イーリイやトゥーイなどの短編功者、グリーンやフレムリンなど英国の大物に加え、謎解きミステリの分野で輝きを放った作家――ケメルマン、ヤッフェ、ポーター、ギャレットの傑作を収録。今回も面白かったね。……それでは6巻でお会いしましょう。2022/02/07

くさてる

20
短編ミステリと長文の評論を収録するアンソロジーシリーズももう5巻。相変わらず、セレクトされた作品には外れなく面白く、評論もわりと言いたい放題の雰囲気がありつつ、楽しい。作品の方は、イーリイ「隣人たち」とフレムリン「いつまでも美しく」オールディス「不可視配給株式会社」がそれぞれ、まさに奇妙な味というか怖い話というか、読み終わったあとしばらく頭を抱えるような傑作でした。これらが読めただけでも良かった。面白かったです。2021/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17969080
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。