創元推理文庫<br> 影の歌姫〈上〉―セブン・シスターズ

電子版価格 ¥1,425
  • 電書あり

創元推理文庫
影の歌姫〈上〉―セブン・シスターズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 432p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488219079
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

レマン湖のほとりに建つ館〈アトランティス〉で育った血の繋がらない六人姉妹の次女アリー。フルート奏者にして、ヨット選手。父の死の知らせを聞いたとき、アリーは最愛の人と共に、地中海の島に停泊中のヨットの上にいた。父が死んだ? だがアリーはその前日、父の豪華ヨットを目撃したばかりだった。何が起きているのか。悲しみをこらえ、前に進もうとするアリーにさらなる悲劇が。世界的ベストセラー作家の好評シリーズ第二弾。

ルシンダ・ライリー[ルシンダ・ライリー]
著・文・その他

高橋恭美子[タカハシクミコ]
翻訳

内容説明

レマン湖のほとりに建つ館で育った血の繋がらない六人姉妹の次女アリーは、フルート奏者にして、ヨット選手。父が死んだという知らせを聞いたとき、アリーは最愛の人と共に、地中海の島に停泊中のヨット上にいた。だがアリーはその前日、父のヨットを目撃したばかりだったのだ。悲しみをこらえ、前に進もうとするアリーにさらなる悲劇が。世界的ベストセラー作家のシリーズ第二弾。

著者等紹介

ライリー,ルシンダ[ライリー,ルシンダ] [Riley,Lucinda]
アイルランド生まれ、イングランドで女優として活躍。24歳で最初の作品を発表するやたちまち評判に。作品は30を超える言語に翻訳され、世界中で1000万部を売り上げている。サンデー・タイムズとニューヨーク・タイムズのベストセラー作家でもある

高橋恭美子[タカハシクミコ]
関西外国語大学外国学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キムチ27

47
予約本をみ、シリーズと気づくが思いの外、すんなりその世界へ泳ぎ出す。次女アリーの物語 相次ぎ不幸の幕が開き どうなるか・・という所で中断。ここまではよくあるハーレクィン的展開。舞台が19C後半へ遡り俄然面白みが増す。ノルウェー、背後に流れる曲はかの国が誇る英雄グリーグのペールギュント。イプセンの戯曲の劇音楽はフィヨルドと美しい野山の情感溢れ 豊かな叙情的ロマン。標題通り「影の」歌姫アリーは歯痒いほど煮え切らぬまま2人の男の間で揺れるも、一方は破綻してしまう。少女漫画チックと言えばそれまでだけど萌える2020/09/09

星落秋風五丈原

31
次女アリーの物語。才能と自信に溢れていたヒロインにダブルでやってくる愛する人の悲劇。今の家族が好きすぎて、父が残したルーツを辿る足掛かりなど気にも留めなかったアリーだが、文字通り何もすることがなくなって、ふと手にした翻訳原稿を読み始める。  話中話スタイルで、時々アリーの【原題】パートに戻る。シリーズ既読者は「翻訳中に書かれた人物がヒロインと何らかの関係がある」事にすぐ気づくはずだ。アンナの三角関係には上巻であっさりケリが着くので下巻はアリーの将来と共にアンナの歌手としての成功を追う事になるだろう。 2019/12/25

キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん

24
セブンシスターズシリーズの次女アリーの物語。今度はノルウェー。ノルウェーのグリーグやイプセンがいた時代まで遡り、アリーの出自の秘密は…!(下巻も半分まで一気読みしてしまった)2018/08/10

穀雨

7
「七姉妹」の二番目の姉、アリーをめぐる物語の舞台はノルウェー。その本編に入るまでが少々長かったが、それからは引き込まれるようにぐんぐん読み進めることができた。アンナをオスロに連れていったバイエル先生やお手伝いの人がヒール役になるのかと思ったが、(いまのところ)二人ともいい人のようで安心した。本作に関係する家系図が巻頭に掲げられているが、そこに名前のある人々とアリーがどういう関係にあるのか、下巻も早く読んでみたい。2019/07/30

Abercrombie

5
ルーツ探しの旅って6人が順番に行くんだね(もう長女マイアは幸せをつかんでる)。全員終わるまですっごく時間かかりそうだなあ。前半は次女アリー、後半は19世紀末のノルウェーに舞台を移し、アリーの祖先なのであろうアンナの視点で物語が語られる。どっぷりロマンス小説。&たっぷり悲劇の予感がするぞヾ(。>﹏<。)ノ゙2019/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12916464

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。