創元推理文庫<br> 蛇、もっとも禍し〈下〉―修道女フィデルマ

個数:
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
蛇、もっとも禍し〈下〉―修道女フィデルマ

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月18日 20時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 307p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488218133
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

女子修道院での調査は困難をきわめた。高慢な修道院長に、敵意に満ちた修道女たち。地方代官と修道院長は、兄妹であるにもかかわらず憎みあっている。さらに地方代官のもとには、修道院長の元夫や、フィデルマの兄であるモアン王と対立している小王の子息らが滞在していた。複雑に入り乱れる人々の感情と思惑。そして第二の殺人が…。好評フィデルマ・ワールド、長編第三弾。

著者紹介

甲斐萬里江[カイマリエ]
早稲田大学大学院博士課程修了。英米演劇、アイルランド文学専攻。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)