創元推理文庫
パンプルムース氏と飛行船

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 230p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488215064
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

代休というのに編集長命令で飛び出すグルメ・ガイド覆面調査員パ氏と愛犬ポムフリット。英仏間を結ぶ飛行船の就航記念特別メニューをつくるためにブルターニュに向かったふたりだったが、体験試乗飛行は嵐でさんざん。警視庁時代の恩人が現れて両国情報部の関わる大事件に巻き込まれるわ、ゴム女につかまるわ、鰐は出るわで大混乱。

著者等紹介

木村博江[キムラヒロエ]
1941年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けいちか

6
パンプルムース物何冊目だろう。途中何冊か抜かしているような。今回も相変わらずお色気気味なパンプルムース氏。気楽に読める息抜き本。2015/09/16

skellig@topsy-turvy

5
シリーズとしては5作目ですが、先行作品を未読でも面白い。にしてもこのシリーズの表紙は可愛い。2012/11/19

AMBER

2
今回は飛行船グルメの調査だが、相変わらず事件を引き付けるパンプルムース氏。サーカスの彼女に助けられたのがきっかけで、深みにはまっていきます。ゴムの女、ワニとかに苦労しながらもやっぱりもと刑事。しっかりと証拠&観察力で事件解決。ポムフリットもご主人にボールペンで鼻刺されたのによくぞ活躍したなぁ~と。夢でトリュフと間違うなんてね!災難だけど、鼻が大したことなくてよかったよ。2014/12/27

shibatay

1
再読2012/12/28

七瀬だん

1
今回は意外にちゃんとした事件でびっくり(笑)ただはちゃめちゃ具合は足りなかったかな。2010/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/190028

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。