創元推理文庫<br> サイン会の死―本の町の殺人〈2〉

電子版価格 ¥1,119
  • 電書あり

創元推理文庫
サイン会の死―本の町の殺人〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 393p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488213060
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

読書家の聖地ストーナム。ミステリ専門書店の店主トリシアは、サイン会後主役である人気作家の変わり果てた姿を発見する。本屋だらけの町の事件を描く好評シリーズ第2弾。

内容説明

古書と専門書の町、読書家の聖地ストーナム。トリシアはそんなストーナムのミステリ専門書店の店主だ。今日はベストセラー作家ゾウイのサイン会。サイン会はなんとか成功のうちに終了しほっとしたのも束の間、いつの間にか姿を消した主役を探しにいったトリシアが見つけたのは、人気作家の変わり果てた姿だった。本屋だらけの町で起こる事件を描く、好評ライトミステリ第二弾。

著者等紹介

大友香奈子[オオトモカナコ]
英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

16
二作目になって読みやすかったです。トリシアと保安官はまだ好きになれないけど、お姉さんを筆頭に気になるキャラがちらほら。ミスマープルも可愛い。この先が楽しみなシリーズです、続々と翻訳して欲しいなぁ♪2014/05/27

かもめ通信

15
本が好き!からのいただきもの。 古書と専門書の町として町おこしに成功したストーナムが舞台。主人公トリシアはミステリ専門書店の店主。自分の店で地元出身のベストセラー作家ゾウイを招いて開いたサイン会でなんと主役が変わり果てた姿に?! 本書はシリーズ第2弾。帯に「ライトミステリ」と銘打たれているとおり、本格的な謎ときを中心にしたストーリーではなく、地域限定で、人間関係のあれこれや、美味しそうなあれこれがふんだんに盛り込まれたコージーミステリだった。 2014/01/25

shizuca

14
最後までハラハラする展開でした。キンバリーが読み進めるうちにどんどん幼くなってきて彼女いくつだ、とページ戻ったりしてました。登場人物多くてみんなが個性的でしかも容疑者かもしれないとトリシアが思っちゃうと一人の人物が掘り下げられずに人となりが全部書かれずに物語がおわってしまってすこし残念。ラスはどうも好きになれないなぁ。ツナヌードルのせいじゃないけど。アンジェリカは慣れてきて嫌いではなくなったかも。犯人は動機が……とても気持ち悪いです……なぜそんな結論に至ったのか犯人よ。短絡思考にビックリ。でてくる料理やお2016/11/03

ぽんちゃん

13
あー、一作目よりも楽しかった!!アンジェリカの嫌な部分もところどころ目立って来るけど、それでもやっぱり彼女はいいお姉さんって感じです。今回、アンジェリカがとてもかっこよかった!!トリシアは名探偵!って感じではないけど、人を幸せにする才能を持った女店主ですね。相変わらず読書欲よりも食欲がわく小説です。一度でいいからアンジェリカの手料理を食べてみたい!!作中ではグレイスとエヴァリットの二人が一番好きです。3作目もぜひ読みたい!!2015/05/04

akinbo511

13
人気作家が主人公の書店のサイン会中に殺されるところから物語が始まる。殺人事件とは別に残酷な犯罪も発生し、読むのが辛かった。全体として女性の活躍が多く、女の強さを強調しているような気がした。登場人物が多くて覚えきれず、最初のページの登場人物一覧に助けられながら読了。表紙のイラストが物語のイメージと一致しないのが残念。解説にあった、著者の別名作品も読んでみたい。 2014/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7715206

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。