創元ライブラリ<br> 殺す・集める・読む―推理小説特殊講義

個数:
  • ポイントキャンペーン

創元ライブラリ
殺す・集める・読む―推理小説特殊講義

  • 高山 宏【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 東京創元社(2002/01発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年04月11日 05時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 303,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488070472
  • NDC分類 902.3
  • Cコード C0195

内容説明

ホームズ冒険譚を世紀末社会に蔓延する死と倦怠への悪魔祓い装置として読む「殺す・集める・読む」、マザー・グース殺人の苛酷な形式性に一九二〇~四〇年代の世界崩壊の危機を重ね合わせる「終末の鳥獣戯画」他、近代が生んだ発明品「推理小説」を文化史的視点から読み解く、奇想天外、知的スリルに満ちた画期的ミステリ論。

目次

殺す・集める・読む―シャーロック・ホームズの世紀末
世紀末ミクロ・テクスト―推理小説と顕微鏡
ホームズもタロットカードも―データベースの文化史へ向けて
テクストの勝利―吸血鬼ドラキュラの世紀末
切り裂きテクスト―殺人鬼切り裂きジャックの世紀末
病患の図表―G.K.チェスタトンのアンチシステム
探偵と霊媒―アガサ・クリスティー『死の猟犬』
終末の鳥獣戯画―童謡殺人と現代
『二銭銅貨』の経済学―デフレと推理小説
暗号の近代―『二銭銅貨』を何がうんだか
昭和元年のセリバテール―パノラマ島のピクチャレスク
法水が殺す―小栗虫太郎『黒死館殺人事件』
この本は、きみが解く事件

著者等紹介

高山宏[タカヤマヒロシ]
1947年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、東京都立大学人文学部教授。英文学から博物学、美術、建築、庭園、映画、ファッション、漫画、江戸戯作に至るまで、意表つく切り口からその「異貌」を明らかにする博覧強記の「学魔」
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。