怪樹の腕―「ウィアード・テールズ」戦前邦訳傑作選

電子版価格 ¥2,514
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

怪樹の腕―「ウィアード・テールズ」戦前邦訳傑作選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 471p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784488013066
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

戦前の日本では、現在ほどではないにせよ相当な早さで海外の小説が翻訳紹介されていた。完全訳は少なく、豊かな翻案的作品が大衆小説誌の誌上を飾っていた。本書は、そのような戦前に紹介された作品のなかから、アメリカの著名な怪奇小説専門誌「ウィアード・テールズ」に発表されたホラー短編の秀作怪作を選り抜き、当時の文章のまま現代によみがえらせたものである。各編ごとに詳細な解説を付し、巻末には日本への「ウィアード・テールズ」掲載作の移入状況を俯瞰する論考を収めた。

著者等紹介

会津信吾[アイズシンゴ]
1959年東京生まれ。駒沢大学経済学部卒。少年小説、犯罪、映画など明治から昭和初期にかけての日本の大衆文化、社会風俗の研究・評論を中心に活躍

藤元直樹[フジモトナオキ]
1965年京都生まれ。京都府立大学文学部卒。東京大学人文社会系研究科文化資源学研究専攻博士課程満期退学。文化資源学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

戦前に翻訳・翻案された〈ウィアード・テールズ〉初出のホラー短編を、当時の文章のままアンソロジー化し、各編にも詳細な歴史的解説を付す。研究書+アンソロジー。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件