透明な力を―災後の子どもたち

個数:
電子版価格 ¥1,123
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

透明な力を―災後の子どもたち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 21時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784487810475
  • NDC分類 369.31

内容説明

復興って何?災後に激変した子どもたちの日常。傷つき、悩み、迷いながらもしなやかに生きる彼らの軌跡。多くの反響が寄せられた新聞連載を書籍化!

目次

踏み出す
仮設暮らし
友を思う
古里を離れて
さらば学びや
原発避難
向き合う
集う
里親と暮らす
まちをつくる
19年の軌跡 阪神大震災から
動きだす虹の家
津波模型班
野球しようよ
みかぐらが好き

出版社内容情報

子どもの視点から描く東日本大震災のその後。震災後一変した子どもたちの日常。数多くの震災遺児や孤児。河北新報連載を単行本化。子どもの視点から描く東日本大震災のその後。

東日本大震災と福島第1原発事故は、子どもたちの日常を一変させた。
東北の被災3県で、震災による遺児・孤児は1700人を数える。
仮設住宅に暮らす児童や生徒は宮城県だけで一時、6000人を超えた。

本書は2014年に、「透明な力を」のタイトルで河北新報朝刊に連載したルポ
をまとめたものである。 

河北新報社[カホクシンポウシャ]