めるへんいっぱいデンマーク紀行

めるへんいっぱいデンマーク紀行

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 142p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784487793006
  • NDC分類 293.895
  • Cコード C0095

出版社内容情報

アンデルセンの童話を生んだデンマークのメルヘンのような風土,透明な空気や人々の優しさを描く。

目次

北欧はメルヘンの宝庫
世話好きなデンマーク人
コペンハーゲンを歩く
大人のための遊園地
平らな国
デニッシュペストリーとデンマーク料理
オーデンセはアンデルセンの街
みにくいあひるの子
ボーンホルム島
レゴランドへの旅
若い夫婦の日曜日
夜景のいる街リーベ
デンマークの田舎
買い物
美術館めぐり
デンマークのアンティーク

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

176
デンマークには行ったことがない。何しろ物価も消費税も高い上に、食事もあまり期待できそうもないからだ。そんな訳で、せめて紀行を楽しむことに。コペンハーゲンは、明るいハンザ都市という趣きだ。デンマークに行くなら、行ってみたいと思っていたオーデンセは、「都市計画に失敗した街」とのことで、アンデルセンの生家周辺以外は現代的な街並みであるらしい。デンマークらしさを味わうには、どうやらボーンホルム島が良さそうだ。他の地域では見られない教会建築と田舎の風情に溢れていそうだ。なお、文と写真は平板だが、安野光雅の絵はいい。2014/10/13

スノ

1
今度北欧旅行に行くので予習として。デニッシュが「デンマークの」って意味だとは…2012/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/246920

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。