犯罪被害者遺族―トラウマとサポート

犯罪被害者遺族―トラウマとサポート

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784487754908
  • NDC分類 326.3
  • Cコード C0011

出版社内容情報

犯罪の被害で家族を喪ったあと起こる諸症状,心の傷を深める言葉の数々,正しい対応の仕方などについて,遺族自身の声と共に被害者相談の専門家が解説。

内容説明

自分に起こっていることを知って、安心するために。あの人に起こっていることを知って、傷つけないために。PTSDとは、感情の麻痺とは、言ってはならない一言とは―。遺族自身の声とともに、犯罪被害者相談の専門家が解説。

目次

第1章 事件のあと起きてくること―PTSDとは
第2章 心の傷は癒えない―犯罪被害・遺族はいま NHK総合テレビ「生活ほっとモーニング」
第3章 心の傷を深めるもの
第4章 飲酒運転は犯罪である―大久保恵美子さんの手記
第5章 息子が生きていたら…―松田政美さん・幸子さんのお話
第6章 自分がその立場になったとき
第7章 つらい思いをした人と話をするとき
第8章 被害者と援助者

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hapim

0
前半は被害者遺族の方に語りかけるような文章・内容です。後半は相談者側の意識や注意点。他のカウンセリングにも当てはまることだけれど、人の相談に乗ることによって自分の傷を癒そうとする、自分が満たされようとするのは違うということ。簡単なようで難しい。そして、テクニックでなんとかなるものではない。被害者遺族の方と接することがあったら、どうすればいいのか怖かったけれど、その方を元気にしようなんて考えるのは無謀だと思った。たった数分、数十分、気持ちがちょっとでも軽くなってくれたらいいな、くらいのところから。2016/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/781532

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。