東海道どうぶつ物語―語りつがれる「人間の仲間たち」

個数:

東海道どうぶつ物語―語りつがれる「人間の仲間たち」

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月25日 06時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B5判/ページ数 63p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784486032014
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8095

内容説明

人間に愛されて生き、お墓までたててもらった動物たちの昔といまの感動16話。

目次

猫が小判の恩返し―東京都墨田区・回向院の猫塚
隅田川のいたずらタヌキ―東京都墨田区・多聞寺の狸塚
ハイカラネズミの悲劇―東京都渋谷区・祥雲寺の鼠塚
平和を祈る水爆マグロ―東京都中央区・中央卸売市場の鮪塚
お目見えクジラの名誉―東京都品川区・利田神社の鯨塚
書物を守った船乗り猫―神奈川県横浜市・千光寺の猫塚
幕末日本のイギリス犬―静岡県熱海市・上宿町の「愛犬トビーの墓」
親思いの子犬の姉妹―静岡県三島市・円明寺の「孝行犬の墓」
鶴になった中国の役人―山梨県富士吉田市・福源寺の鶴塚
幕末を駆け抜けた名馬―静岡県静岡市・法伝寺別院の「籬碑」
いたずら弓矢で射られたガン―愛知県豊田氏・足助神社の「雁塚」
怪物を退治した犬の英雄―長野県駒ヶ根市・光前寺の「霊犬塚」
アユ捕り名人のウの一生―岐阜県岐阜市・長良大前町の鵜塚
白鳥になった伝説の皇子―三重県亀山市・能褒野の「白鳥塚」
平安の震災復興で働いた牛―滋賀県大津市・長安寺の「牛塔」
謎の怪獣ヌエの墓―京都市左京区と大阪市都島区の「鵺塚」

著者紹介

依田賢太郎[ヨダケンタロウ]
1939年、山梨県生まれ。東京理科大学理学部応用化学科卒業。東洋紡績勤務を経て、1991年から東海大学教授。京都大学工学博士。専門は医用生体工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)