望星ライブラリー
小さな暮らしの「ぜいたく」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 214p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784486031963
  • NDC分類 590
  • Cコード C0036

内容説明

経済成長が終わった後も、便利さや欲につられて衣食住や、暮らしの規模を肥大化させてきた私たち…翼を広げすぎたこの暮らしは、これでいいのか?いまあるものや、日々の動きは、本当に必要なのか?自分らしい生き方を見直すために、いま、あらためて「小さな暮らし」ということと、そこで得られる「真のぜいたく」について考えてみたい。

目次

第1章 小さな暮らしのすすめ(森の中の一本の木のように生きる;小さな暮らしは“ていねいな暮らし” ほか)
第2章 自然とともにシンプルライフ(「暮らし方ぐらい、自分で考えなあかん」;自分の尊厳を腹の底にすえて生きる ほか)
第3章 「真のぜいたく」の発見(バラの木にバラの花咲くほどの「ぜいたく」を;「ぜいたく」の喜びは暮らし方の再構築から ほか)
第4章 少ないもので暮らそう(まずはモノへの執着を捨てることから;自然体の「荒凡夫」という豊かさ ほか)
第5章 小さな暮らしを学ぶ(「森の民」の恵み豊かさを心の糧に;クーラーなんかなくっても… ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Charlie

4
小さな暮らしがしたいと思っている昨今の私は非常に関心を持って読んだのだけど、取り立てて新たなアイデアは得られず。でも改めて簡素に暮らしたいと思わされた。最後の橘曙覧と妻に惹かれた。2013/11/06

双六

0
いろいろ考えさせられる。「欲望制限の知恵」2012/09/01

darumagne

0
編集に携わった本。正確には途中から加わった本。人生後半戦に入った人に読んで欲しい一冊。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/287495

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。