望星ライブラリー<br> 子育て不安の処方箋―親と子の「こころのトラブル」相談室

個数:

望星ライブラリー
子育て不安の処方箋―親と子の「こころのトラブル」相談室

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 189p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784486031321
  • NDC分類 599
  • Cコード C0036

目次

第1章 「子育て神話」のウソ、ホント(小さいときに自分が受けた虐待は、必ず連鎖して、自分の子どもを虐待するようになる?;三歳までに母と子が分離すると情緒不安定な子になる? ほか)
第2章 もう不安にならないで!子育て50の悩みを解決(子どもがかわいくない!?;うちの子とよその子 ほか)
第3章 家族再考―いろいろな家族があっていい(「平均的な」親子がいない時代;医師の話は素直に聞くお父さん ほか)
第4章 お父さんへ、身近な大人たちへ(疲れているのはお互いさま;子どもはお父さんの遊び方が大好き ほか)
巻末情報 子育てをサポートしてくれる機関・施設

著者等紹介

山崎晃資[ヤマザキコウスケ]
1937年北海道生まれ。北海道大学大学院修了・医学博士。北海道大学医学部精神科助手、市立札幌病院附属静療院児童部長などを経て、東海大学医学部教授に。同医学部附属病院精神科で診療に当たると同時に、日本児童青年精神医学会の理事長として、児童精神科医療の普及や社会認知の向上に努める。現在は東海大学教育研究所教授の傍ら東海大学付属相模中学・高校の校長も。専門は児童青年精神医学、乳幼児精神医学、児童精神科薬物療法、発達障害児学、母子相互交渉過程など。主な研究テーマとして臨床児童精神医学、発達障害(とくに自閉症の初期兆候)に関する研究、難民・ストリートチルドレンの精神保健に関する研究などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。