フィールドの生物学<br> 裏山の奇人―野にたゆたう博物学

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

フィールドの生物学
裏山の奇人―野にたゆたう博物学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月19日 03時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784486019947
  • NDC分類 480.4
  • Cコード C1345

内容説明

わからないことを、わかりたい。生き物に魅せられた怪しい男が、近所の裏山から地球の裏側までを徘徊する。博物学とは、好奇心とは何だ?

目次

第1章 奇人大地に立つ(幼年期;義務教育課程以後)
第2章 あの裏山で待ってる(小松友人帳;アリヅカコオロギの謎)
第3章 ジャングルクルセイダーズ(東南アジアを征服せよ;命に関わる話 ほか)
第4章 裏山への回帰(ポスドク迷走;進撃の奇人 ほか)
第5章 極東より深愛を込めて(かならずペルーに勝ちに征く;熊楠になりたい)

著者等紹介

小松貴[コマツタカシ]
1982年生まれ。信州大学大学院総合工学系研究科山岳地域環境科学専攻博士課程修了博士(理学)日本学術振興会特別研究員DC1、信州大学理学部科研研究員を経て、2014年より九州大学熱帯農学研究センターにて日本学術振興会特別研究員PD(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メタボン

35
☆☆☆☆☆ 普段読まないジャンルだが、これは滅法面白かった。著者の昆虫愛が凄い。流石自ら奇人と呼ぶレベル。ペルーでメバエを追い求めて、ついにその撮影に成功するくだりは極めてスリリング。この人の人生そのまま映画に出来そう。文章もユニーク。まだ40歳前ということだし、きっと素晴らしい昆虫学者として大成するに違いない。グンタイアリの行進を避けるゴギブリ等の昆虫に向かって卵を産み付けるメバエの生態、アリのアゴをつついて餌の分け前を催促するアリヅカコオロギの分類など、知らなかった小さな小さな昆虫の世界に魅了された。2021/01/30

tom

25
絶句・無類の面白さ。私にとっての、今年のトップテン入り間違いなし。幼児期からの昆虫大好き男が、昆虫の生態を知るために、ひたすら野原を駆け巡る。生活費を倹約するため麦飯を食べ、寒い中で1時間でも2時間でも立ちんぼう。研究に行き詰ると、電脳少女ゲームに沈み込み、博士論文提出時には、電脳少女10数人への謝辞を列挙する(指導教官は、実在しないヒトへの謝辞はダメと却下)。カラスがヒチコックの映画「鳥」のように舞う姿を見たいと策略を練り、見事に実現した様子には、大笑い。昆虫の姿を見たい一心での彼の生き方。すごい人だ。2016/01/23

たまご

21
とってもおすすめ!愛にあふれる作品登場.何への愛って,霊長類ヒト上科ヒト科ヒト以外の生物(+2次元美少女)への,相手にはだいぶ迷惑そうな愛(2次元は除く).自分の知りたいという欲望,つまり好奇心に忠実に従うその姿に,ある意味すがすがしさを感じます.長いカタカナの虫の名前がいっぱい出てくるのに,あら不思議,非常に読みやすく. 一番心に残ったのは「粗製濫造」.多数精鋭にこしたことはないですが,そうですよね.参加することに意義がある…のではなく,残すことに意義がある.みならわなければ.2016/06/30

15
読んでも役に立たないが、それがどうした!目次を見るだけで楽しめる博物学なんて、ザラにない。読者自身に考えさせる奇書。2016/03/11

14
好蟻性生物(蟻に寄り添い利用するために特殊な変化を遂げた生物)の研究に邁進し、熱帯では蚊に刺されデング熱で死にかけ、学位論文にはブラゲの二次元美少女の名を10個くらい書いて提出し「…実在しますか?」と赤ペンを入れられ、大学入学当時からフィールドワークに通い詰めた裏山をツンデレ美少女呼ばわりする著者のエッセイ。好蟻性生物自体がとんでもないスペシャリストなんだけど、それを研究する著者も同じくらい素晴らしいスペシャリストだよなと思った。どうにかこれからも研究費がおりて、彼が望む研究を続けられますように。2018/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8173338

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。