総説ライフデザイン学―真に豊かな未来のライフスタイルを構想する

個数:

総説ライフデザイン学―真に豊かな未来のライフスタイルを構想する

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784485665565
  • NDC分類 365
  • Cコード C3036

出版社内容情報

経済のグローバル化や情報技術の進歩によって社会はより複雑になっており、生活の全体を理解することはますます難しくなってきています。それにもかかわらず、科学は物事を切り分けて分析することで精一杯で、それらから得られた細かい知見を統合することからはますます遠ざかりつつあります。
ライフデザイン学は、そうした科学の状況を憂い、破片化する知見を一定の価値観の下で総合しようとする試みです。
本書は、現在の世界が進んでいる方向に疑問を呈し、別の方向を模索するいくつかの思想に基づいた1つのモデルの提示です。
読者があるべきライフスタイルを構想する際の参考になれば幸甚です。

目次

第1部 ライフデザインの必要性―今、なぜ「ライフデザイン」なのか(ライフデザインとは何か)
第2部 ライフデザインの時間軸―人の一生という時間を超えて(個人の発達と家族のライフサイクル;人生の転機と通過儀礼;時間の意識)
第3部 ライフデザインの土俵―生活を規定する近代社会を理解する(資本主義社会;貨幣とグローバル化;消費社会;科学技術と情報社会)
第4部 ライフデザインの視点と方向性―4つの豊かさから考える(文化的豊かさのために―生活文化の継承・創造と享受;社会的豊かさのために―コミュニティの再構築;自然的豊かさのために―自然の価値の認識とその保全・保護;内面的豊かさのために―生きがいと生きる意味の獲得)
第5部 ライフデザインの応用―真に豊かな生活の実現を目指して(モノ・場所・景観―総合的な豊かさの媒体;ライフデザインの実践に向けて)

著者等紹介

宮田安彦[ミヤタヤスヒコ]
三重県上野市(現伊賀市)生れ。東京外国語大学英米語学科卒業、英国アルスター大学経営大学院修了、中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程単位取得。現在、大妻女子大学家政学部ライフデザイン学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

2
ライフデザインの必要性:今、なぜライフデザインなのか ライフデザインとは何か ライフデザインの時間軸:人の一生という時間を超えて 個人の発達と家族のライフサイクル 人生の転機と通過儀礼 時間の意識 ライフデザインの土俵:生活を規定する近代社会を理解する 資本主義社会 貨幣とグローバル化 消費社会 科学技術と情報社会 ライフデザインの視点と方向性:4つの豊かさから考える 文化的・社会的・自然的・内面的豊かさ ライフデザインの応用:モノ・場所・景観-総合的な豊かさの媒体 ライフデザインの実践に向け2021/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17455705
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。